健康診断の前日に激しい運動はダメ?尿酸値や尿蛋白が上がる?

126796

健康診断の前日。

検査で異常な数値が出ないように気を使いますよね。

そのためには、前日に激しい運動はダメなのか?その理由は?

運動によって尿酸値や尿蛋白が上がるの?

ということについて説明していきます。

スポンサードリンク

健康診断の前日に激しい運動はダメ?

聞いたことがあると思います。

「前日に激しい運動は控えてください」

これにはちゃんとした理由があります。

 

激しい運動は体にさまざまな変化をもたらし、通常状態ではなくなります。

それによって検査の数値が変わってきてしまうんですね。

 

例えば、激しい運動によって以下のことが起こりえます。

  • 筋肉痛
  • 筋肉の炎症
  • 打撲
  • 肉離れ

このような症状が起きると、体は健全な元の状態に戻そうとします。

その際に、通常とは違った働きになります。すると、

「本来の内蔵や血液の働きなのか?」「筋肉を修復する働きなのか?」

がわかならくなってしまうのです。

健康診断ではこの2つを区別するのは難しいので。

 

では、具体的に激しい運動とはどういうもの?といえば、

一つの目安として考えて欲しいのが「息切れするかどうか?」です。

 

ウォーキングやストレッチ程度では息切れすることはないと

思いますので大丈夫ですが、

  • 筋トレ
  • ジョギング
  • テニス
  • ダンス
  • サッカー

などは一般的に言って、息切れのするスポーツですので、

健康診断前には避けてほしいですね。

 

前日の激しい運動によって、血液検査、尿検査などに影響が出てしまい、

再検査ってことになったら馬鹿らしいでしょ?

 

健康診断の前日に運動すると尿酸値が上がる?

尿酸値とは「血液中の尿酸の濃度」のことを言います。

尿の酸性値ではありません。

尿酸値が体に蓄積されていくと「痛風」になる危険性があります。

 

尿酸値が上がる原因は体内の「プリン体」と呼ばれる物質が関係しています。

プリン体が増加する原因は主に次の3つ。

  1. 体の新陳代謝
  2. 運動によるエネルギー消費
  3. 食品に含まれるもの

それぞれ説明していきます。

スポンサードリンク

体の新陳代謝

人間の体の細胞は日々、入れ替わっています。

古い細胞は死に、新しい細胞が生まれてくる。

古い細胞が死ぬ時に「プリン体」が放出され、結果的に尿酸が増加します。

 

運動によるエネルギー消費

運動は筋肉に多大な負荷、ダメージを与えます。

傷ついた筋肉は、細胞が活性化して筋肉を修復していきます。

その際に「プリン体」が血液中に出てきます。

 

食品に含まれるもの

レバーや魚卵、お肉、ビールなどの食べ物によってもプリン体は増加します。

 


 

発生したプリン体の量が、体からの排出量を上回ると尿酸値は上がります。

他には睡眠不足、長時間労働などのストレスが増えていくことで、

排泄抑制、低体温が起こり、尿酸の排泄が滯ることもわかっています。

 

尿酸は排尿でしか体から排出できないので、

水分を多く摂ることが大切です。

 

こんな話があります。

健康診断の前日に激しい運動をしてしまった人Aさん。

Aさんの尿酸値はかなり高「痛風」になっているくらいのレベル。

だけど、本人はどこも痛くない。

再検査の時にお医者さんに「筋トレをしましたか?」と聞かれたそうです。

 

つまり筋トレ(激しい運動)は尿酸値に影響をおよぼすのです。


>>痛風・尿酸値・プリン体が気になる方に【恵葉プレミアム】

健康診断の前日に運動すると尿蛋白が上がる?

人間の体は血液中のタンパク質を尿中に排出しないように、

ろ過する機能があります。

ですが、腎臓の機能が低下していると、ろ過機能が低下するため、

タンパク質が尿中に出てしまうのです。

 

では、どういう時に腎臓の機能が低下するのかというと、

「激しい運動をした後」なのです。

激しい運動は筋肉をたくさん使い、新陳代謝が増えます。

その結果、血液が筋肉のほうにどんどん回っていき、

腎臓に回る血液量が減少します。

 

さらに運動をすると汗をかきます。

大量に汗をかくと体内の水分が減少し、血液の濃度が濃くなっていきます。

そのため血液の流れが悪くなり、腎臓に負担がかかってくるわけです

 

腎臓への負担の増加により尿蛋白が陽性になってしまうのです。

ただ、これは一時的な腎機能の低下なので、

健康な人の場合は時間が経てばすぐに回復します。

 

※尿蛋白は健康で全然異常のない人でもたまに陽性反応が出てしまいます。

 

まとめ

健康診断で正しいデータを得たい場合は、前日に激しい運動を控えてください。

毎日の習慣にしている人は難しいかもしれませんが、ノーマルな状態での

数値が自分の体に関しての正確な数値になりますよ。

※健康診断に関する記事はこちらにまとめてあります。

まとめ 健康診断に関する記事一覧まとめ

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ