土用の丑の日2015年はいつ?うなぎを食べる理由。うなぎ以外は?

eel-645641_640

土用の丑の日。

この日はうなぎを食べることで有名ですが、今年はいつなのでしょうか?

 

また、どうしてうなぎを食べるようになったのか?

丑の日にうなぎ以外に食べるものは何か?

ということを説明していきますね。

スポンサードリンク

土用の丑の日2015年はいつ?

2015年度の土用の丑の日は1回だけではありません。

全部で6回あります。

 

  • 「冬」1月13日(火) 1月25日(日)
  • 「春」4月19日(日)
  • 「夏」7月24日(金) 8月5日(水)
  • 「秋」10月28日(土)

 

「え?そんなにあるの?夏だけじゃないの?」

そうなんですよ、実は夏だけじゃないんですね~。

 

一般的には「夏の土用の丑の日にうなぎを食べる」というイメージが

定着していますが、実は丑の日は各季節ごとにあるのです。

 

地方によっては冬にうなぎを食べることを推奨しているところもあります。

冬の土用の丑の日にうなぎを食べましょう!ってことです。

 

ちなみに、冬のほうがうなぎには脂が乗っていて美味しいそうですよ!

スポンサードリンク

 

土用の丑の日にうなぎを食べる理由

土用の丑の日にうなぎを食べるようになったのは江戸時代にまでさかのぼります。

暑い夏の日にうなぎ屋はうなぎが売れなくて困っていました。

 

それを相談されたのが平賀源内。

あのエレキテルで有名な蘭学者です。

 

彼は、コピーライティングの才能に長けていました。

それで「本日 土用丑の日」という張り紙をするように言いました。

 

土用の丑の日は元々は「黒いものを食べる」という習慣があったので、

そこで平賀源内は、うなぎを食べることをすすめました。

 

そしたらこれが当たってうなぎ屋さんは大繁盛!!

 

さらに彼が「夏にうなぎを食べると夏バテしないよ」と言ったことから、

ますます世の中に広がっていったと言われています。

 

土用の丑の日うなぎ以外では何を食べる?

実は”丑の日”に食べるものはうなぎに限ってはいないんです。

”丑の日”の「う」にかけて、「う」がつくものなら良いとされています。

 

例えば、

「うどん」「梅干し」「牛丼(うし)」なども「う」が付いているので

丑の日に食べて良いとされています。

 

土用の丑の日にうなぎ以外のものを食べよう!という風習を根付かせようとする

運動があったようですが、いまいち浸透しきっていないのが現状ですね。

 

まとめ

2015年度の土用の丑の日について説明してきました。

私個人的にはうなぎ大好きですので、全部の土用の丑の日に食べたいです。

 

でもうなぎはなかなか高級ですので、そうは手が出ないですけど・・

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ