七夕の織姫と彦星の物語。折り紙の折り方

6fd83b59d64b750dfa75190b68774bd1_s

七月七日は七夕ですね。

七夕といえば短冊に願いことを書いて飾る日。

お子さんと一緒に書いた願いごとが叶いますように。

 

ところで、

その七夕の物語を詳しく知っていますか?

聞かれた時にスラスラ答えられると、お母さんの株が上がります♪

 

今一度織姫と彦星の物語を復習してみましょう。

そして、折り紙で織姫も折っちゃいましょうね。

スポンサードリンク

七夕の織姫と彦星の物語

ここで織姫と彦星の物語をおさらいしておきましょう。

 

天空で一番偉い天帝には娘がいました。

名前は「織姫」

織姫は神様たちの着物の布を織る仕事をしていて、毎日天の川のほとりで

それはそれは熱心に布を織っていました。

 

遊びもせず真面目に働き、恋人もいない織姫を天帝はかわいそうに思い、

天の川の対岸で牛を飼っている真面目な青年「彦星」を引きあわせました。

 

織姫と彦星は惹かれ合い、やがて結婚をしました。

2人は相思相愛の仲になり、いつも遊んでばかり。

 

織姫もすっかり仕事をしなくなってしまい、

神様たちの服は次第に穴が空いてきました。

彦星も牛の世話を放り出して遊んでばかりいるので、

エサをもらえなくなった牛は次第に痩せこけていきました。

 

これに困った天帝は2人に「ちゃんと仕事をしなさい!」と注意をしますが、

2人はさっぱりいうことを聞きません。

 

織姫がまったく仕事をしなくなってしまったので、

神様たちの服はもうボロボロです。

彦星が飼っていた牛もガリガリで病気になってしまいました。

 

見かねた天帝はついに強硬手段に出て2人を天の川の西側と東側に引き離します。

スポンサードリンク

引き裂かれた2人はショックで仕事が手につかなくなってしまいました。

 

それで天帝はやむなく、

「二人共真面目に仕事をすれば一年に1回だけ合わせてやろう」と言い、

その日が七月七日になったのです。

 

七月七日の日だけは織姫と彦星は天の川をわたり、合うことが許されたのです。

 

ですが、七月七日に雨が降ってしまうと天の川を渡ることが出来ません。

その時は「カササギ」という鳥が飛んできて、

天の川に橋を架けて2人を合わせてくれるのです。

 

で、2人は星に例えられていて、

織姫は「こと座の一等星・ベガ」で

彦星は「わし座の一等星・アルタイル」です。

 

星がよく見える場所で夜空を見上げると、

ベガとアルタイルの間に天の川が流れているのを見ることが出来ます。

 

もちろん、現実には星が動くことはありませんので

ベガとアルタイルがくっつくことはありません。

 

七夕に折り紙で織姫を簡単に折る方法

七夕飾りで織姫を作ったらお嬢さんはさぞ喜ぶことでしょう。

お母さんも一緒になって作ってみませんか?

織姫を簡単に作れる方法をご紹介します。

こちらの動画をどうぞ。

こちらの動画では彦星君も作ることが出来ますので、

一緒に飾ってあげて下さい。

 

なにしろ、一年に1回しか逢えないのですから・・・

 

また、もうちょっとレベルアップした織姫と彦星の折り方もあります。

上記の折り方で簡単に出来てしまった場合はこちらもチャレンジ!

最後に

七夕物語と、織姫と彦星の折り紙での作りかたはいかがだったでしょうか?

物語の由来を聞くと、空を見上げるときもなんとなく感慨深くなりますよね。

 

それでは楽しい七夕祭りをお過ごしください。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ