隅田川花火大会の場所取りは前日から?その方法と混雑する時間帯

a7fa985120c9cc6b6480b78fd34d078e_s

2015年度の隅田川花火大会は7月25日(土)に開催予定です。

これは例年通りの7月の最終週ということになりますね。

 

開始時刻は午後7時で約1時間半、花火大会が続きます。

会場は第1会場と第2会場に分かれており、

それぞれの会場から打ち上げられるのは10,000発もの花火。

 

合計打上数は約2万発。すごいですよね。

第1会場と第2会場はそれほど離れていないので

場所によっては同時に見ることも出来ます。

 

毎年テレビ東京で生放送されることからもその注目度の高さが伺えます。

 

こちらは東京スカイツリーの展望台から見た隅田川花火大会の動画です。

スポンサードリンク

隅田川花火大会の場所取りは前日から?

第1会場に近い隅田公園周辺は人気スポットです。

ただ、良い席を確保するためには前日の夜から並んでいる人もいますし、

遅くても朝9時前には並ぶ必要があります。

 

場所どりした後も、その場にずっといないと、

他の人に場所を取られてしまうこともあるので、気は抜けません。

 

1人で行くのではなく2人以上で場所取りに行き、1人が用事でどこかに

行っている際にも、必ず誰かが場所を取っているようにしましょう。

 

初めて隅田川花火大会を見に来る人はこの隅田公園に

来る場合が多いので、本当に大混雑しています。

 

また、第2会場近くで場所取りをするなら蔵前付近がおすすめです。

 

第1会場よりも第2会場のほうが空いていて、午後6時からは交通規制がかかり、

車が通れなくなり歩行者天国状態になるんですね。

 

第2会場は午後5時頃から並んでも場所をとることが出来ます。

座ってのんびり花火を楽しんで下さい。

スポンサードリンク

 

また、第2会場付近はコンビニが多く、買い物もできるし

トイレも使えるので第1会場より便利と言えます。

 

ただ、高層ビルが邪魔になってちょっと欠けた花火となり、

全てを見るのは難しいです。

 

隅田川花火大会は基本的には場所取りが出来ない花火大会なんです。

なので、近くで見る場合は歩きながら見るという形になります。

 

係員の誘導に従って歩いてくださいね。

じっくり見る場合は少し離れた場所からになりますよ。

 

隅田川花火大会で場所取りの方法

朝9時から並ぶとなると、相当暑くなることが予想されます。

ですので、場所取りをしている間の暑さ対策は必須ですね。

 

まずは日焼け止めクリームを塗り、4時間おきに忘れずに塗ること。

また、日焼け防止の用のパーカーや服、帽子も持って行くこと。

 

さらに、凍らせたアイスノンや飲み物ものあると助かります。

近くのコンビニなどでは人出が多すぎるためバンバン飲み物が売れていきます。

 

そうなると、残っているのはまだ冷えていない

ヌルい飲み物だけになってしまいますから。

 

肝心の花火大会の時間になって太陽にやられて

フラフラになってしまわないようにね。

 

もちろん、シートも忘れずにね。

 

隅田川花火大会が混雑する時間帯

第1会場付付近は午後4時半から規制がかかります。

規制がかかると人が一斉に集まってきて混み始めます。

 

道路の反対側に渡るのでもかなりの迂回を強いられるほどになります。

 

第2会場は6時からの交通規制ですが、第1会場に

比べてそれほど混んではいません。

 

まとめ

隅田川花火大会の人出は本当にすごい人数です。

人混みが本当に凄いので、会場付近まで行くと人に酔ってしまうかもしれません。

暑いし、汗だくだし、人混みだし・・・

 

なんとか見やすいポイントを見つけて隅田川花火大会を楽しんでくださいね♪

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ