UVカットパーカーの効果は洗濯しても落ちない?

lgi01a201309200000[1]

 

日差しが気になる季節になってきました。

日焼けってホントしたくないですよね。

 

UVカットの効果があるパーカーが販売されています。

その効果はどれほどあるのか?

洗濯しても効果は持続するのか?

 

説明していきますね。

スポンサードリンク

UVカットパーカーの効果

UVカットパーカーは商品ごとにUPFが表示されています。

UPFは数値が大きいほど紫外線を防いでくれます。

 

UPFの最大値は50。

UPFが40~50はUVカット率が95%以上と言われていますので、

購入する時はUPF40以上を1つの目安にして下さい。

 

ちなみに、色で言えば”黒色”が最も紫外線をブロックします。

そして、白が一番紫外線を通してしまいますので、

選ぶなら黒に近い色がおすすめ。

 

また、裏地が銀になっているものはUVカット率が高いです。

さらにUVカット率をあげよう、とUV対策用のスプレーがありますが、

衣服に直接かけるのはやめて下さい。

強力な成分が入っていますので、パーカーが変色してしまうおそれがあのです

スポンサードリンク
関連記事日傘でUVカット100で遮光できる物。スプレーでも出来る?寿命は?

関連記事UVカットの帽子で効果があるものを紹介。人気ランキングをチェック!

 

UVカットパーカーは洗濯しても大丈夫?

UVカットパーカーは製造過程により2種類に分けられます。

 

  • 加工する前の繊維にカーボン、セラミック、チタンなどを練り込んだもの
  • 加工して出来た製品にあとからUVカット効果を付着させるもの

 

後からUVカット効果を付着させたものは洗濯するたびに、

少しずつ効果が落ちていきますので、

持続するのは半年を一つの目安としてください。

 

それに対して、繊維に練り込んであるタイプのものは

半永久的に効果が持続すると言われています。

 

さらにUVカット率を上げたい場合は紫外線防止用の洗剤を使います。

UVカット洗剤という商品があるんですね。

こちらを使えば、衣類のUVカット率が97%まで上がります。

 

最後に

UVカットパーカーを着ることでかなりの紫外線を防止することは出来ます。

ですが、どんなにUPFが高いパーカーでも、

完璧に紫外線を防ぐことは出来ないのです。

 

紫外線はいろんなものにあたって反射し、あらゆる角度から入ってくるからです。

ですので、更に日焼け止めクリームを塗る、日傘をさす、

などの対策も一緒に行って下さいね。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ