5月病の症状とその原因や対策法。食べ物でも元気が出る!

a0002_010285_m

就職して1ヶ月が立ち、一段落したところ。

長い連休も終わり、再びエンジンをかけて仕事を頑張りたい。

 

だけど・・・

あれ・・

なんか調子が出ないよ。だるいというか・・・やる気がでない。

これは噂の”5月病”なのか?

 

5月病の主な症状とその原因と対策法、

元気の出る食べ物までを紹介していきます。

スポンサードリンク

5月病の症状

一般的に5月病と呼ばれるものにはいくつかの種類の症状があります。

主に言われるのはこんな症状ですね。

 

  • 肉体疲労のような脱力感
  • 思考能力が低下し、何も考えたくない
  • 朝起きるのがつらい
  • よくわからないけど不安感に襲われる
  • 何かに追われてるようで焦る

 

このような症状が起きている場合は要注意です。

自分でチェックしてみてくださいね。

 

5月病は医学的には「適応障害」または「うつ病」と診断されています。

 

5月病の原因と対策

5月病の原因は4月末から5月上旬にかけての

ゴールデンウイークにあると言われています。

 

4月から新社会人になり、最初の頃は「新しい環境」での仕事になるので、

かなりの緊張感があります。

 

ただ、この緊張感にはあまり”自覚症状”がないんです。

なので本当は環境に上手く適応できていないのに、

それを緊張感で保っていることに気づいていない。

 

ゴールデンウイークという長期休暇はその緊張感を解いてしまうんです。

スポンサードリンク

結果、連休明けには新しい環境に適応しにくくなってしまう。

 

この「環境に適応できない」というのが5月病の原因です。

 

5月病の対策法

5月病になってしまった場合、無理して頑張らないことが大事です。

無理して新しい環境に適応しようとしないこと。

 

それよりも同期の親しい友人を探して見つけることが大切です。

できるだけ、ストレスがかからなく、言いたいことを言えるような

同期の友人を見つけて下さい。

 

見つからない場合は大学時代や高校時代の友人と会うのも効果的です。

 

お酒には頼らない事

なかなか環境に馴染めないストレスをお酒で解消するのはやめましょう。

ついつい飲み過ぎてしまって、急性アルコール中毒を引き起こす危険性や、

アルコール依存症になってしまうことも考えられます。

 

5月病対策の食べ物

5月病対策で、元気の出る食べ物を紹介します。

 

超辛いラーメン

激辛ラーメンを汗だくになりながら食べてみましょう。

嫌なことやだるさは毛穴から汗と一緒に流れ落ちていって、

あらたな活力がみなぎってきます!

 

うなぎ

元気が出る食べ物の定番といえば、やっぱりうなぎ。

栄養素満点で、効能は疲労回復、美容効果、高血圧予防たくさんあります!

食べれば確実に元気が湧いてきます。

 

レバニラ炒め

スタミナが付くのがレバニラ炒め。

ニラとレバーはスタミナの宝庫。

疲れているときなどに食べる料理ですが、元気が無い時にも効果的。

 

豚のしょうが焼き

疲労回復にはやっぱり豚肉。

さらに生姜の効能で食欲も増進される。

だるさを吹き飛ばしてくれます。

 

まとめ

5月病は立派な病気です。

症状が重い場合には病院に行ってお医者さんに見てもらってださい。

軽い適応障害ならいいのですが、うつ病ですと治療に時間がかかります。

 

早めに対策を取ることが大切です。

くれぐれも無理をしないようしてくださいね。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ