二の腕のぶつぶつは何?その原因と治す方法は?

a8a9b1fbe247e9f7daec4a128fc801b2_s

二の腕に出来たぶつぶつ。

特に痒くもないけど、なんだろう?気になる・・

 

触るとがさがさしてるし、見た目がちょっと・・・

 

二の腕のぶつぶつが何なのか、その原因と対策について説明していきます。

スポンサードリンク

二の腕にぶつぶつが出来たけど何?

二の腕によく見るとぶつぶつができ始めました。

このぶつぶつは個人差が合ってちょっと赤みがかっていることもあれば、

何も変色しない場合もあります。

 

これは毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)と呼ばれています。

 

毛穴に角質が詰まって、その角質が極限まで膨らんで

盛り上がった状態のことです。

角質異常で皮膚病の1つとされています。

 

皮膚病と言っても痒みや痛みはなく、

ごく稀な場合を除き自覚症状はありません。

 

秋から冬にかけての乾燥する時期に悪化すると言われています。

 

健康上重大な問題は何もおこりませんし、他人に伝染ることもありません。

 

つまり、見た目だけの病気といえるでしょう。

 

二の腕のぶつぶつの原因

昔はビタミンAの欠乏やホルモン代謝異常などが考えられていましたが、

スポンサードリンク

最近は遺伝的な要因が強いと言われています。

 

両親に毛孔性苔癬がある場合、子供にも遺伝する確率が高い。

 

主に10代から発症し、思春期に増加する傾向が見られます。

成長とともに自然に消えていき、20代後半から30代にかけて

なくなっていく場合が多いです。

 

二の腕のぶつぶつを治す方法?

特に治療をしなくても健康上の問題はありませんが、

角質溶解剤や部分的な保湿をすることで症状を改善することが出来ます。

 

保湿には尿素剤が含まれているものを使用します。

また、患部に食品用ラップフィルムを巻いて寝て、次の日の朝に

こすり落とすという方法もあります。

 

皮膚科に行って診てもらう方法もありますが、

もともと毛孔性苔癬は良性の疾患ですので、

 

皮膚科に行っても、多少症状をやわらげるお薬(軟膏)を処方してくれる程度。

根本的な治療法はないのです。

 

まとめ

良性の疾患と言われている毛孔性苔癬ですが、夏場には

どうしても気になっちゃいますよね。

 

でも、この二の腕のぶつぶつを治す決定的な方法は、今のところ

時間が経つのを待つしかないようです。

 

ですからどうしても気になる場合は、治るまで二の腕が見えにくい

服を着るなどの方法を取ることをおすすめします。

 

医学が発達し、すぐに治せる薬ができるといいですね。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ