バーベキュー初心者が準備する物と、火おこし法と網の汚れの落とし方

d81dde645fbe28e9391fc6ef5299b1b6_s

楽しいバーベキューの季節がやってきました。

 

外でみんな食べる料理はなんであんなに美味しいんでしょうね?

初心者がバーベキューをするのにあたり準備しなければならないものと、

炭への火のつけ方、終わったあとの網の掃除の仕方までを説明していきます。

スポンサードリンク

バーベキューの初心者が準備するもの

バーベキュー初心者が失敗しないために準備しておいたほうが良い物を

リストアップします。

これだけは抑えておけばまず、大丈夫。

 

  • バーベキュー用コンロ
  • 炭(安い炭で大丈夫です)
  • 消火用水
  • 着火剤
  • 火バサミ(炭を動かすのに使う)
  • うちわ(火をおこすのに使う)
  • 軍手(バーベキューはかなり熱いのでやけどしないように)
  • 包丁
  • まな板
  • フライパン(網を通過しそうな物を焼く時に使います)
  • タッパー(食材を入れておきます)
  • ボール(食材を入れておきます)
  • 新聞紙(火をおこすのに使う)
  • アルミホイル
  • タオル
  • バケツ
  • ゴミ袋
  • 紙皿
  • 紙コップ
  • 割り箸

 

次に食べ物です。

  • 肉(牛、豚、鳥)
  • 野菜(たまねぎ、もやし、椎茸、カボチャ、ピーマンetc)
  • 海産物(ほたて、エビ、イカ、ホッケetc)

 

ざっとこれくらいあればオッケーです。

食べ物は自分の好きなものを準備して頂いて結構です。

関連記事バーベキューの食材で面白いものとその準備方法について

関連記事バーベキューで炭と網の距離は?網が焦げないようにする方法

 

バーベキュー初心者の火おこし法

バーベキューの最初のポイントであり関門は火をおこすこと。

火が起きないと何も始まりませんからね。

 

とは言うものの、炭は火がつくのに時間がかかるため、

初心者にはなかなか難しいんですよね。

 

一番簡単なのは着火剤を使う方法

着火剤を下に置き、その上に炭をせます。

 

この時に空気が通りやすいように炭同士の間隔を

空けておくことがポイントです。

 

着火剤に火を着けたら、炭に火が移るまで待ちましょう。

スポンサードリンク

気になって炭の位置を何度も動かさないこと。

 

ひたすらじっと待つほうが早い。

なぜなら、炭を動かすとそれだけ熱が逃げてしまい、逆に時間がかかるのです。

 

着火剤を使わない方法

新聞紙を細かくちぎります。

その上に網を置き、炭を乗せます。

 

新聞紙と網の距離はできるだけ近くにしておいて下さい。

遠いと燃えている新聞紙の熱が炭まで届かないですから。

 

そして新聞紙に火をつけ、様子を見ながら新聞紙を足していきます。

大体朝刊2つ分ぐらいで着火できるでしょう。

 

感覚的には炭を新聞紙でバーベキューする感じですね。

 

火をおこすということは、火が炭に移ること、と考えて下さい。

炭はマッチやライターであぶっても簡単には火が移らず、時間がかかる。

 

炭の特徴として、値段の高い高級な炭ほど火がつきにくいです。

ですので、用意するのは安い炭で十分。

 

また、バーベキューが終わったあとは炭に水をかけて消火します。

この炭は乾燥させれば次回のバーベキューで再び使うことが出来るんですよ。

 

しかも、二度目のほう着火しやすい、という性質も持っています。

 

バーベキュー後にコンロの網の汚れの落とし方

バーベキューをした後に気になるのは網の汚れ。

肉の油やら野菜やら、いろいろなものが焦げ付いちゃって、

もう大変なことになってしまいます。

 

汚れはできるだけ早く洗ってしまうことがポイントです。

頑固な汚れはワイヤーブラシでこすっておとします。

 

ワイヤーブラシとは金属でできてるたわしみたいなもので、

ホームセンターに行けば購入することが出来ます。

 

網が熱いうちにワイヤーブラシでゴシゴシ擦れば焦げ付きを取ることが出来ます。

 

焦げ付きを取ったあとは網にサラダオイルを塗りこんでおきましょう。

サビつきの防止になります。

 

どうしても焦げ付きが頑固すぎてこすっても綺麗に落ちない場合や、

この作業が面倒臭い場合は、新しく網を買い替える、というのも手です。

 

網自体はそんなに高価なものじゃないですし、

バーベキューもたまにしかしないとおもいますから、

事前に何枚か網をまとめ買いしておくのもいいですね。

 

まとめ

バーベキューって本当に楽しいし、

みんなでワイワイやってるとテンション上がるよね。

 

準備しなければいけないものはいろいろありますが、みんなで分担すれば

一人の負担が減りますから楽になります。

 

多分いちばん苦労するのは炭に火をおこすところだと思いますが、

頑張ってクリアしておいしいバーベキューを食べてくださいね♪

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ