日傘でUVカット100で遮光できる物。スプレーでも出来る?寿命は?

621e8e93be74bb2b78449a9479d0b57b_s

 

日差しのきつい季節になってきました。

お肌が日焼けしないようにするために日傘は必須アイテムです

 

日焼けはシミの原因になってしまいますからね。

できるだけ紫外線を防ぐことが大切です。

 

日傘にはUVカットと遮光カットと書いてありますが、なにが違うのでしょうか?

または、お気に入りの傘にUVスプレーをかけたらUV効果が出るのか?

そして日傘の寿命はどれくらい?について説明していきます。

関連記事UVカットパーカーの効果は洗濯しても落ちない?

関連記事UVカットの帽子で効果があるものを紹介。人気ランキングをチェック!

 

日傘でUVカット100で遮光もできるもの

UVとはULTRA VIOLET(紫外線)の頭文字を略したもの。

紫外線を皮膚が大量に浴びると、メラニン色素が皮膚に沈着してしまい、

シミの原因になります。

 

日傘をさすことで紫外線をカット(UVカット)ができるわけです。

日傘の中にはUV99%カットや100%カットというものがあります。

 

この割合は商品によって異なるのですが、

もちろん、UV100%カットの方を選んで下さい。

 

おすすめの日傘は”サンバリア”です。

 

こちらはUVを100%カットすることが出来るのです。

スポンサードリンク

ですが、100%カットと言っても実はそれは上からの紫外線のみのこと

 

道路から反射して入ってくる紫外線のカットは出来ません。

紫外線は様々なものに反射して入ってきます。

ですので完璧にUV100%カットは難しいと言えます。

 

遮光率とは、目に見える光を遮断する割合のこと。

つまり、遮光率が高いほど光から遠ざかっていくので、

暗く涼しくなっていきます。

 

先ほどのサンバリアは遮光率も100%です。

UVカット100%で遮光率100%の日傘がベストですね。

 

日傘でUVカットができるスプレー

「日傘は自分でお気に入りの可愛いのがあるから、それを使いたいの」

「でもUVカット率が低いから・・」

 

そんな時にUVカット100%の物を買い直さなくても、

市販のUV対策用スプレーでUVカット率を高めることが出来ます。

 

スプレーで出来るUVカット率は大体98%。

かなりの紫外線を防ぐことができますね。

 

布製の日傘でもスプレーでコーティングすることが出来ます。 

 

日傘のUVカットできる寿命は?

日傘のUVカットには寿命があります。

永久に使い続けられるわけではありません。

 

一般的には日傘の寿命は2~3年と言われています。

 

ですが、寿命ギリギリの3年使いきってから新しいのに買い換えるより、

2年で買い替えたほうがいいですよ。

 

日傘のUVカットの性能が落ちきっていない状態なので、

紫外線の影響も少なく、お肌にも優いからです。

 

まとめ

皮膚は浴びた紫外線を蓄積して行きます。

蓄積がどんどん溜まって行くとシミにつなります。

 

ですから出来るだけ紫外線を浴びないようにすることが大事。

そのためにも日傘は必須です。

できればUVカット100%のものにして、最小限に食い止めましょう。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ