北陸新幹線で金沢東京間の時間短縮。飛行機料金や経済効果は?

27837817_480x300[1]

2015年3月14日。

ついに北陸新幹線が開通しました。

 

金沢の方たちにとっては40年来の悲願です。

 

これによって東京―金沢間は従来よりも大幅に時間が短縮され、

ますます観光客が増えると予想されています。

 

北陸新幹線で時間がどれくらい縮まったのか、飛行機に比べてどうなのか?

金沢の経済効果はどれくらいあるのかを説明していきます。

スポンサードリンク

北陸新幹線で金沢と東京間の時間は縮まった

東京―金沢間は新幹線開通により最速で2時間28分に縮まりました。

今までが3時間50分だったことを考えると1時間30分もの短縮。

 

これはかなり大きいですよね。

北陸新幹線により金沢は首都圏にグッと近づいたと言え、

観光客の爆発的な増加が期待されています。

 

この新幹線開通に期待していた人は金沢だけではなく、東京にも多くて、

開業初日から金沢市内はゴールデンウイーク並みの混雑でした。

 

しかし、嬉しい声でけではなく、金沢側では人口流出を懸念する声もあります。

東京が近くなったため、高級品を求めて東京に買いに行く人が増えてしまい、

ストロー現象がおきるのではないか?とも言われるのです。

 

さらに、若者が首都圏の大学に進みそのまま就職をしてしまう、という

長期的な人口減も心配されています。

 

北陸新幹線 金沢―東京間の料金は?

北陸新幹線で金沢―東京間の料金を見てみると、

スポンサードリンク

ネット割引最安値・・12,130円

指定席料金・・14,120円

となっています。

北陸新幹線開通で金沢への飛行機料金はどうなる?

金沢への新幹線が開通したことで焦っているのは航空会社です。

今までは優位に立っていましたが、これからは逆の立場になってしまいました。

 

対抗策としてはやはり”値下げ”になります。

 

JALでは「先得」最安値で9,200円を出してきました。

ちなみに、通常価格は27,390円です。

 

全日空では「旅割」最安値で9,200円。JALと同じです。

こちらも通常料金は27,390円です。

 

飛行機の場合、金沢―東京間は1時間。

ただ、飛行機の場合は空港から金沢市内に行くにはバスに乗らなければならず、

バスの所要時間が40分。

飛行機と合計すると1時間40分になります。

 

2013年度の調査によるとJR対飛行機の利用比率は36対64でした。

これがいずれは80対20になると見ている関係者もいます。

 

北陸新幹線で金沢への経済効果

北陸新幹線が開通したことにより、金沢城の人では2.6倍になり、

宿泊予約も8割に増えました。

 

予測される主な経済効果は、

  • 観光地での食事
  • お土産や記念品の購入
  • ホテルへの宿泊
  • 公共交通機関の利用

これにより予測される経済効果は120億円と言われています。

 

まとめ

最近は連日のように金沢特集が組まれています。

風情のある町並み・・・茶屋街とかいいですね。

能登丼も食べたいし・・・・兼六園も行きたい。

 

私も金沢はずーっと前から行きたいな~と思っている観光地です。

 

今回の北陸新幹線開業にともなって、東京からも本当に近くなりました。

ますます金沢が発展していくことを楽しみにしています。

 

近いうちに行かなきゃね♪

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ