自撮り棒のマナー。ディズニーランドで使える?規制がある理由とは?

ea62d3d77427eee196a0677d74cc3521_s

最近爆発的ヒットしている商品、「自撮り棒」

 

またの名を「セルカ棒」と言います。

自分を風景の中に取り込みたい時にうまく使えばとてもいい写真が撮れます。

 

ただ、棒を伸ばすと結構な長さになって人目につきますね。

 

周りに迷惑をかけてはいけません。

 

自撮り棒のマナーやディズニーランドで使えるのか?また、

自撮り棒に規制がかかる理由について説明して行きます。

スポンサードリンク

自撮り棒のマナー

自撮り棒で写真を撮っていいのは、周りにあまり人がいない場所です。

高級レストランなどでは控えてください。

 

なぜかといえば、高級レストランに来る人というのは

その雰囲気を楽しみにきているのです。

 

美味しい料理はもちろんの事ですが、それ以外にも

お店のサービスや内装、空気、あらゆるものを楽しみたいのです。

 

そこに”カシャ”って音が響くとその空気が壊れてしまいます。

ましてや自撮り棒なんか使うと、周りの人にもウザがられます。

 

なかには、カメラに腹を立てた別のお客さんと

トラブルが起きるケースもあります。

 

ですので「自分が撮りたいから撮る」ではなく

お店の雰囲気を見て、空気を読んで、ということが大事です。

 

自撮り棒はディズニーランドで使えるの?

みんな大好きディズニーランド。

夢の国だから写真も撮りたいよね?

シンデレラ城と一緒に映りたいよね?

スポンサードリンク

 

もちろん、普通に写真を撮るのはオッケーです。

キャストにお願いして撮ってもらいましょう。

 

ですが、

ディズニーランドで自撮り棒は使えません。禁止されています。

 

1脚も2脚も3脚の使用もダメです。

許可されているのは自分で撮るか、人に撮ってもらうかのみです

 

もし、パーク内で自撮り棒を使っているとすぐに

キャストが飛んできて注意されますよ。

 

自撮り棒に規制がある理由

自撮り棒には規制があります。

規制はブルートゥース機能で動く物が対象となっています。

 

ブルートゥース機能とは電波を発信するものだから、しっかりとした

作りでないと他の無線通信に影響を与えてしまうおそれがあるのです。

 

実は、電波法というのがあって、法律を順守している商品には

「技適」というマークがついているんですね。

 

「技適」マークがついていないものは、犯罪として扱われてしまいます。

最高で一年以下の懲役、100万円以下の罰金が課せられます。

 

ですので、自撮り棒を購入する時は、

必ず「技適」マークがついているものにして下さい。

 

この「技適」マークは品質に関して

”日本国内で一定の技術基準に達してますよ”っていう証拠のマークです。

 

これがついていれば、どこで使っても問題ないでのすが、

ネットで買った場合などにこの「技適」マークがついていない物が

ありますので、十二分に確認してから購入するようにしてくださいね。

 

 まとめ

いまや街なかで頻繁にみかけるようになった「自撮り棒」

素敵な写真を取りたい気持ちはわかります。

 

TPOをしっかりと考えて、周りに迷惑をかけない範囲で楽しんでね♪

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ