小学校の運動会の種目で親子で出来てユニークなものは?

abaa7302a26b858ec25bed6d7908d99b_s

運動会の季節です。

子どもたちも、お母さんお父さんも楽しみにしている小学校の一大イベント。

 

さぁ、親子一緒に楽しめる種目にはどんなものがあるのでしょうか?

定番ものからユニークなものまで紹介していきますね!

スポンサードリンク

小学校の運動会の種目で親子で出来るもの

小学校の運動会での目玉ともいえる親子競技。

定番ものではこんな種目があります。

 

・リレー

・大玉ころがし

・おたまレース(おたまにボールを乗せて落とさないように走る)

・綱引き

・借り物競争

・パン食い競争

・二人三脚

 

ですね。

どれも一度は実際にやってみたり、見たことがある種目だと思います。

 

これだけでも面白いと思いますが、

さらに盛り上がりそうなユニークな物もあります。

小学校の運動会でダンスの指導方法。振り付けは?

 

小学校の運動会の種目でユニークで親子で出来るもの

では、運動会の種目でユニークなものをご紹介します。

 

・ダンボールレース

開いた大きめのダンボールを2つつなげて、大きなキャタピラ状にします。

その中に入り、四つん這いになって競うレースです。

予想外に難易度が高く、盛り上がる種目です。

スポンサードリンク

 

・借り人競争

借り物ではなく、借り人です。

なので、引くカードには人の特徴を書いておくのです。

「ヒゲを生やしている人」「ピンクの服を着ている人」

「ジーンズを履いている人」など。

 

この借り人競争のメリットは「借りたものを返さなくていい」

ってところです。

 

借り物競走の場合、どうしても借りたものを返す手間が

かかってしまいますが、このレースは大丈夫です。

 

・十字綱引き

綱引きは普通、左右で引っ張り合うんですが、

十字綱引きでは、更に綱を縦に結びつけて4チームで引っ張り合います。

 

各方向の後ろ側には、旗か何かを用意しておいて、

それを手にしたチームが勝ちになります。

 

これは単純に綱を引くだけではなく、力のバランスが大事なポイント。

そのため、かなり頭脳戦になると言われています。

 

・逆走リレー

その名の通り、後ろ向きに走るリレーです。

 

これは普通に走ると遅い子が早く走ったり、足の早い子が遅かったり。

予想外な展開になることがあって面白いです。

 

・移動玉入れ

玉入れ用のかごを人が背負って逃げまわります。

赤チームの人が白チームの人のかごを背負って走り回るので、

そこにめがけて玉を入れていきましょう。

決して人を狙ってはいけません(笑)

2015年度小学生の運動会で使用する曲。ダンスも踊れる!

 

まとめ

運動会は選ぶ種目によって盛り上がりが違ってきます。

計画を練って、実際に自分たちでやってみて、

面白そう、盛り上がりそうなものを選んでくださいね。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ