ニセコでラフティングをする服装。札幌送迎バスで温泉にも入れる!

rafting-319615_640

ニセコのラフティングは最高に楽しいです!

雄大な自然の中でボートに乗って川下り。

 

聞こえるのは鳥のさえずりと川のせせらぎだけ。

そして、たまに来る濁流部分がスリル満点!

 

特に、5月ゴールデンウィーク時期のニセコのラフティングは

一年を通して一番いい季節だと言われています。

 

なぜかといえば、冬の間に山に積もった雪がこの時期に

溶け出してきて、川の水量が増えるんですよ。

 

多い時には、夏場に比べて川の水位が2m位上がりますからね。

この水量で川下りをすると超エキサイティング!

 

まさに大自然のジェットコースターです。

スポンサードリンク

ニセコでラフティングをする服装

ラフティングをする際には服の上から”ドライスーツ”を着ます。

ドライスーツは中の衣服が濡れないようにする構造になっているため、

水が入らないように足首や手首、首の部分が

キュッと閉めまるようになっています。

 

ですので、中に着る服はモコモコしていない方が望ましいです。

モコモコしちゃうと、服とドライスーツの間に隙間ができてしまうから。

ラフティングが始まると、一緒に乗っているガイドが、

わざとボートをひっくり返したりします。

また、ちょっとした崖に登って滝壺にダイブもするんですよ。

 

かなり激しく水に入るので”濡れない”って言われている

ドライスーツですが、中の服はかなり濡れます。

スポンサードリンク

 

だから、絶対に着替えを持って行って下さい。

終わった後、体がかなり冷えきるので濡れた格好のままだと

風邪を引いてしまいます。

 

着替えは上下と下着も忘れずに。

全身着替えるつもりで持っていった方がいいです。

 

上下は動いやすいジャージがいいと思いますよ。

以前、私が行った時は着替えを忘れてしまってビシャビシャで

ブルブル震えてましたから。

関連記事GWの北海道旅行のおススメスポットは小樽とニセコでラフティング

 

ニセコにラフティングに行くには札幌送迎バス

ニセコにラフティングに行く際は、札幌から無料送迎バスが出ています。

出発は朝の9時30分で12時にニセコ到着。

帰りは17時出発で19時30分に札幌に帰ってきます。

完全予約制になっていますので、事前に予約をしておいてくださいね。

 

ニセコでラフティングの後は温泉に入ろう

ラフティングが終わった後は体が相当冷えきっていますので、

温泉に入ってくることをオススメします。

 

ラフティングの後の温泉はもう、最高です。

まさに「生き返るなぁ~~」ですよ。

 

また、先ほどの札幌からの無料送迎バスのツアーでは、

ホテルの食事と温泉入浴券がついてますのでぜひご利用下さい。

 

最後に注意事項

ラフティングは始まってしまうと2時間以上トイレにいくことが出来ません。

ですが、体も冷えてくるのでどうしても行きたくなっちゃう場合があります。

 

そうならないように、当日は水分の摂取を控えて、

直前にはトイレに行っておいて下さね。

それではニセコでのラフティングをお楽しみ下さい!

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ