札幌の円山公園で花見は場所取りが必要?ジンギスカンは?

札幌の円山公園は花見の名所です。

例年は5月のゴールデンウィークの終わり頃か、

その次の週あたりに桜が満開になりますが、今年は四月末

には満開になっているでしょう。

 

円山公園に花見に来ているグループは多いです。

特に大学生のサークルや部活動の人目立ちますね。

 

あちこちで大勢で盛り上がっています。

羽目を外して、お酒を飲んで酔っ払って池にダイブする学生も多い(笑)

 

札幌の円山公園では場所取りはしなくても大丈夫

円山公園はかなり大きい公園なので、混雑時に行っても、

隣のグループとぶつかるくらい近い、なんてことはまずありません。

 

以前、私は学生時代に部活動のイベントで

徹夜して場所取りをしたことがあります。

 

怖い先輩に命令されての場所どりだったので、その時は必死でした。

 

「きっとたくさんのグールプがやってきて、場所取り争奪戦に

 なるに違いない!絶対にいい場所を確保しないと!」

 

そう思って頑張りました。

すっごい寒い夜中、震えながら場所を守っていた記憶があります。

 

だけど、他に場所を争うような人はやって来なかった。

 

やってきていたのかもしれないけど、公園が広大だから

他の人達と会うこともなかったんです。

 

正直言って、場所取りする必要はまったくありませんでした

 

ただ、花見に参加する人数が多くて、

 

「どうしても桜の木の下で飲みたい、食べたい!」

「一芸をやってもらうから広い場所を確保したい!」

 

という場合には場所取りするのもありですね。

スポンサードリンク

 

中には、場所取りをみんなで楽しむっていうのもありです。

前の日の夜からワイワイ飲みながら場所取りする。

 

それはそれで結構楽しいです。

 

でも、その時は防寒対策をしっかりして下さい。

5月上旬の札幌の寒さを甘く見てはいけません。

 

まだ暖房を入れている過程も多く、半端なく寒いんですよ。

本州の5月気分でいると、大ダメージをうけることになりますから。

 

厚着をする、カイロをお腹と背中に貼る、

くらいの装備は持って行ってくださいね。

 

せっかくの花見で風を引いてしまったらもったいないからね。

 

札幌の円山公園ではジンギスカンも食べれる

北海道の名物といえばやっぱりジンギスカン

円山公園で花見をしながらジンギスカンを食べることが出来ます。

 

円山公園でのジンギスカン

 

円山公園ではコンロレンタルができますので

自分で好きな食材や飲み物を持ち込んで、

気軽にジンギスカンを楽しんでください。

 

この企画は好評で、年々利用する人が増えています。

土日祝などは非常に混み合いますので、早めにご予約ください。

 

また、キャンセル料金はかかりませんが、キャンセルの場合は

早めに連絡をするとよいでしょう。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ