こどもの日。その由来を保育園でわかりやすく子供に説明する方法

a0001_017094_m

 

「こどもの日」を”園だより”で子どもたちに

わかりやすく説明する方法を解説します。

 

内容はこどもの日の由来、兜、こいのぼり、柏餅について。

 

まずは先生であるあなたが「こどもの日」の由来を

しっかり知るところから始めましょう。

 

それから子どもたちにわかりやすく噛み砕いて説明していきます。

スポンサードリンク

こどもの日。その由来

5月5日は「こどもの日」「端午の節句」とも言われています。

 

奈良時代から続くという端午の節句。

もともと、端午の節句とは月の端め(始め)の午(うま)の日

という意味で、5月に限ったものではなかったのです。

「節句」とは季節の変わり目という意味です。

 

ですが、「午」と「五」が同じ「ご」という読み方だったため、

「5日」を指すようになり、それがやがて5月5日になったと言われています。

 

で、この季節の変わり目である「端午の節句」の日には、

病気や災害を防ぐために様々な行事が行われていました。

 

厄除けの菖蒲(しょうぶ)を飾っていたといいます。

※菖蒲・・池や川に生える植物。黄緑色の細長い形状。剣に似ている。

 

この端午の節句の行事は鎌倉時代になる頃には盛んになってきます。

 

特に武士の間では「菖蒲」「尚武(武道を重んじること)」

読みが同じことから、端午の節句を積極的に祝い始めました。

 

それが江戸時代に入り、次第に男の子の誕生を祝う風習に変わっていきます。

 

その後、1948年に祝日法により

5月5日は「こどもの日」と制定されました。

 

これが「こどもの日」=「端午の節句」の由来です。

 

こどもの日。保育園でわかりやすく説明

こどもの日には兜や鯉のぼりを飾り、ちまきや柏餅を食べます。

本来の理由も含めてわかりやすく説明しましょう。

 

兜を飾る理由

江戸時代に子どもが強くたくましく育つために、兜や刀、武者人形、

スポンサードリンク

金太郎といった5月人形を飾る風習が流行り始めました。

兜には”男子の身体を守る”という意味合いが込められています。

 

子どもたちにわかりやすい説明は

「兜は男の子の体を病気や色んな物から守ってくれる」ですね。

 

鯉のぼりを飾る理由

昔、中国の黄河の急流にある”竜門”と呼ばれる滝がありました。

多くの魚がその竜門を登ろうと試みましたが、

誰も登ることは出来ませんでした。

唯一、登り切ることが出来たのが鯉だったのです。

 

そして登り切った鯉は竜になることができた。

なので鯉は出世の象徴とされています。

また、鯉は清流だけでなく、池でも沼でも生きられる生命力の強い魚。

つまり、

鯉のように環境の良い悪いに関係なく、立派に成長し、出世して欲しい。

 

という願いを込められて形になったものが”鯉のぼり”なのです。

 

子どもたちにわかりやすく言えば

「鯉のぼりは男の子を立派に成長させてくれる」もしくは、

「鯉のぼりは男の子の夢を叶えてくれる」でもいいかもしれません。

 

ちまきや柏餅を食べる理由

昔、中国に屈原(くつげん)という政治家がいました。

かれは民衆に大変慕われていましたが、王とうまく行かなかった。

それで川に身を投げた。

 

屈原の死を悲しんだ民衆がちまきを川に投げ入れて

供養したのが5月5日と言われています。

それ以来、5月5日とちまきの関係性が生まれました。

 

また、柏餅は柏の葉の性質からきています。

柏の葉は、新しい芽が出てくるまで古い芽が落ちません。

これを人間に置き換えて「血筋が絶えない」と考えました。

つまり、家族がいつまでも繁栄するように、と縁起を担いだわけです。

 

ちまきについては、わかりやすく説明するのが難しいので

柏餅の説明だけで十分でしょう。

 

子どもたちにわかりやすのは、

「柏餅を食べる理由はいつまでも元気でいて欲しいから」

ですね。

まとめ

こどもの日の由来をわかりやすく説明する方法でした。

万が一、突っ込まれてもうまく答えることが出来るように、

一度は正しい由来を知っておくといいと思います。

それでは頑張ってください!

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ