こどもの日に鯉のぼりを出す時期と意味。室内用もあります。

a0150_000127_m

 

5月になると街のあちこちで雄大に風に乗って

泳ぐ鯉のぼりを見かけます。

 

私は子供の頃、家の庭が小さくて飾る場所が無かったため、

鯉のぼりを出してもらえませんでした(笑)

 

それが悲しかったのを今でも覚えています。

 

でも、どうしてこどもの日には鯉のぼりを出すのでしょうか?

その由来と、いつ頃から出すのか?いつまで出すのか?室内用もあるの?

ということを説明していきますね。

 

こどもの日に鯉のぼりを出す時期

ではいつ頃から鯉のぼりを出すのでしょうか?

こどもの日は5月5日ですが、1日だけ、ということはありません。

 

鯉のぼりを上げ始めるのは、4月中旬頃がいいでしょう。

そして5月中旬までは出しておいて下さい。

 

期間にすると1ヶ月が目安になります。

 

子供が何歳になるまで出すのか?といえば明確な規定はありませんが

一般的には小学校6年生までという家庭が多いです。

 

子供が鯉のぼりを恥ずかしがって嫌がる場合は、

それより早くしまっても大丈夫です。

 

こどもの日に鯉のぼりを出す意味

鯉のぼりを出す由来は、中国の故事から来ています。

スポンサードリンク

昔、黄河の急流にある”竜門”と呼ばれる滝がありました。

多くの魚がその竜門を登ろうと試みましたが、

誰も登ることは出来ませんでした。

唯一、登り切ることが出来たのが鯉だったのです。

 

そして登り切った鯉は竜になることができた。

これは”登竜門”という言葉の語源にもなっているお話です。

なので鯉は出世の象徴とされています。

また、鯉は清流だけでなく、池でも沼でも生きられる生命力の強い魚。

つまり、

鯉のように環境の良い悪いに関係なく、立派に成長し、出世して欲しい。

 

という願いを込められて形になったものが”鯉のぼり”なのです。

 

こどもの日の鯉のぼり。室内用

マンションやアパートに住んでいる場合、鯉のぼりを出す場所は

ありません。ですので、コンパクトな室内用鯉のぼりを飾って下さい。

 

今はベランダに飾るタイプのものから、テーブルの上に

飾るタイプのものまでいろいろありますから。

 

大きさはどれも10cm~60cm程度ですので、

準備や後片付けも便利です。

 

子供は他所の家に鯉のぼりが出ているのに自分の家にないと寂しがります。

小さくてもいいですので飾ってあげると喜びますよ。

 

まとめ

鯉のぼりは子供が強く、たくましく成長してくれることを願って飾るものです。

とは言っても、無理に高いものを買う必要はありません。

 

気持ちがこもっていれば、小型の室内用のものでも十分です。

お子さんが元気に育ちますように・・・

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ