こどもの日。初節句はいつ?兜と鯉のぼりは誰が買う?お礼は?

fed7a7d41ec4f9cace3063cb3c441ba3_s

5月5日はこどもの日。

男の子なら”兜”や”鯉のぼり”を飾って祝う日です。

 

端午の節句とも言われています。

そして、初めて迎えるこどもの日は初節句と言い、

これから健康でスクスク育ちますように、とお祝いをします。

 

では、その時に飾る兜や鯉のぼりは誰が買うのでしょう?

そしてお礼はどうすればいいのでしょうか?

詳しく説明していきますね。

スポンサードリンク

こどもの日。初節句はいつ?

こどもの日は5月5日です。

生まれた男の子が初めて迎えるこどもの日を”初節句”といいます。

 

じゃあ3月や4月に生まれたばかりの赤ちゃんも

5月にすぐ初節句を迎えるのでしょうか?

 

実は、初節句とは、

生まれてからお正月を迎えてからの初めての節句のことを指します。

 

ということは、3月4月生まれの男の子は、

翌年の5月5日が初節句ということになりますね。

 

ただ、お祝い事ですのでそこまでキッチリとしているものでは

ありません。

自分たちなりの考えで今年にするか来年にするかを決めても大丈夫です。

 

こどもの日。兜と鯉のぼりは誰が買う?

こどもの日の象徴である”兜””鯉のぼり”

2つとも飾れたらいいけど、鯉のぼりを飾る場所がない場合は

兜だけでも構いません。

 

この2つは”買ってもらう”という選択肢の前に、夫の実家にあるものを

使うケースがあるということを先に書いておきます。

 

夫が子供の時に飾った兜や鯉のぼりを使っても問題ありません。

正直、どちらも高いものですから無理に新しく買う(買ってもらう)

必要はないとも思いますよ。

 

実家にあるものでまだ使えるものでしたら使うのも1つです。

節約にもなります。

 

だけど、孫が生まれたら大喜びするのはあなたの親達。

「兜を買ってあげるわ!」って言われれる可能性が高いです。

スポンサードリンク

 

兜を飼うのは基本的には嫁の実家であると言われています。

 

その由来は、

昔は、娘の嫁ぎ先に行く時に”孫の顔が見たいから”とは言えなかった。

それで行く口実として”兜”という端午節句の祝いを持っていったようです。

 

最近ではお祝い(現金)を渡して、

「あなた達で好きなものを買ってちょうだい」

という場合もあります。

 

この場合は、買った兜を写真に撮り、

手紙と一緒にお礼をしてあげてくださいね。

 

また、買って頂いた兜や人形が大きすぎて家に飾れない」

という話もよく聞きます。

 

おじいちゃんついつい張り切っちゃって大きい物を買っちゃうんですね。

「孫が元気で大きく育つように!」って。

 

せっかく買ってもらったのに大きすぎて飾れないなんて寂しすぎます。

寂しくておじいちゃんグレちゃうよ。

 

そうならないようにするためにも、事前にご両親とお話をして

大きさを決めておいて下さいね。

 

これは全然失礼なことにはなりませんので、

はっきりと伝えておきましょう。

 

鯉のぼりに関しては夫側の実家が用意する、という話もありますが、

住んでいる地域の風習によってかなり異なってきます。

 

お嫁さん側の実家が兜と一緒に用意する場合もあるようなので、

自分の両親に聞いてみるのが一番だと思います。

 

こどもの日。お礼はどうする?

両家の両親を”お礼”をかねて家に招待します。

頂いた兜や鯉のぼりはちゃんと飾ってお披露目してくださいね。

 

この時は料理を振る舞ってもてなしてあげて下さい。

サラダ、お寿司、ステーキ、お吸い物、ケーキ、お酒などです。

 

また、 お祝いをいただいた方には内祝いが必要です。

お祝いの内祝いということですので、相場は2分の1~3分の1になります。

 

1万円をいただいた場合は、5000円から3000円程度の商品を

内祝いとして送ってあげて下さい。

 

まとめ

お子さんの初節句ですので盛大にお祝いしてあげたいですね。

ですが、お祝いごとにはお金が絡んできますので

しっかりとした対応が必要です。

 

贈り物、お祝い、内祝い。

身内でもお金に関することはちゃんとしておいてくださいね。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ