こどもの日の由来 兜や鯉のぼりを飾ったり、ちまきや柏餅を食べる理由

 

3550a7de0d1177308b2be1b194b594c3_s

5月5日はこどもの日。

もう何度も迎えているけど、その由来を

子供に聞かれた時、上手く答えることが出来ますか?

 

「なんで兜や鯉のぼりを飾るの?」

「ちまきや柏餅を食べるのはなんで?」

難しく説明する必要はありませんが、由来を知っておくと

突っ込まれた時に答えることが出来ます。

 

ではこどもの日に関して説明していきますね。

スポンサードリンク

こどもの日の由来

5月5日はもともとは 「端午の節句 」といわれる男の子の祭りの日でした。

「端午」とは月の端(はじめ)の午(うま)の日という意味で、

5月に限ったものではありませんでした。

 

ですが、午(ご)と五(ご)の音が同じなので、そのうちに

毎月5日を指すようになり、やがて5月5日のことになったと言われています。

 

また5月は菖蒲(しょうぶ)の花が咲く頃で、

「菖蒲の節句」とも言われています。

 

鎌倉時代ごろから「菖蒲」が「尚武」と同じ読みであること、

また菖蒲の葉の形が”剣”を連想させることなどから、

端午は男の子の節句とされ、男の子の成長を祝い

健康を祈るようになりました。

 

こどもの日 兜や鯉のぼりを飾る理由

江戸時代になると、子どもが強くたくましく育つために、鎧、兜、

スポンサードリンク

刀、武者人形、金太郎といった5月人形を飾る風習が流行り始めました。

 

また、鎧兜には男子の身体を守るという意味合いが込められています。

 

鯉のぼりを飾る風習は中国の故事にちなんでおり、

男の子の立身出世を祈願しています。

 

昔、中国の黄河の急流にある”竜門”と呼ばれる滝を

多くの魚が登ろうと試みました。

 

ですが登り切ったのは鯉のみでした。そして鯉は龍になることが出来た。

それちなんで鯉の滝登りが立身出世の象徴となったのです。

 

こどもの日 柏餅やちまきを食べる理由

端午の日にはちまきや柏餅を食べる風習があります。

ちまきを食べるのは、中国戦国時代に由来します。

 

詩人で政治家であった屈原(くつげん)という人がいました。

彼の命日は5月5日。

彼を慕う人々が彼が身を投げた汨羅江(べきらこう)に

”ちまき”を投げ入れて供養したのが由来と言われています。

 

また、柏餅を食べる風習は日本独自のもので、

柏は新芽が出るまで古い葉が落ちないことから

「家系が絶えない」縁起物として広まっていきました。

 

この”ちまき”と”柏餅”は日本国内でも地域や文化によって異なります。

ちまきをメインに食べるところもあるし、柏餅を食べるところもある。

面白いですね。

 

まとめ

子供に「こどもの日の由来」を聞かれた場合、

説明するのが難しいと思います。

できるだけ簡単に伝えてあげた方がいいでしょう。

 

「子供の日はすごく昔からある行事なの。

兜は強く育つようにって意味で、鯉のぼりは大きく育つようにって意味。

ちまきや柏餅は食べたら病気になりにくいのよ」

ぐらいがいいでしょう。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ