遠足用のしおりの作りかた。書いておくべき項目と内容について

group-366355_640

遠足にしおりは必要です。

しおりがあれば遠足の内容がひと目でわかるし、数年後に見ても

「あぁ、あの時あんなところに行ったんだな~」

っていろいろな思い出をよみがえらせる事ができます。

 

さらに、事前に行くところの情報を知っているのと

知らないのとでは感動が全然違います。

 

思い出に残るしおりを作成していきましょう。

 

スポンサードリンク

遠足用のしおりの作りかた

用意するのはA4サイズの紙です。

半分に折って使いましょう。

 

白紙よりも薄いベージュや黄色の厚手の紙がいいですね。

何回も閉じたり開いたりしても破れないからね。

 

まずは表紙です。

タイトルを一番上に持ってきます。

次に目的地のメインの画像を真ん中に持ってきましょう。

下には日時と所要時間、集合場所などを書いておけばOKです。

遠足しおり表紙

 
めくった左側のページには遠足の行程と

おおよその所要時間を書いてきましょう。

 

◯◯遠足予定表

スポンサードリンク

9:00 ◯◯学校前出発

10:00 ◯◯記念公園到着

11:00 ◯◯城見学

12:00 昼食

13:00 ◯◯工場見学

・・・・

こんな感じです。

次のページからは、見学場所の写真を載せ、見所を書いておきます。

 

遠足用のしおりの項目と内容

しおりに載せておいたほうが良い項目を紹介します。

 

スケジュール・・・電車の時刻表、ホテルの名前や電話番号

持ち物・・・・・・必要だと思われるものは全てです

イベント情報・・・行った先でのイベントが始まる時間

食事情報・・・・・外で安くおいしく食べられるところ

目的地付近の情報・・最寄り駅など

服装・・・・・・・寒かった場合の事も考えて

緊急連絡先・・・・代表者の携帯番号

注意事項・・・・・騒ぎすぎて周りに迷惑をかけないように

ミニゲーム・・・・バスの中で楽しめるゲームの説明

 

最後のページは、「メモ用」と書いて空白ページにして下さい。

 

まとめ

遠足用のしおりは遠足をさらに楽しくするためのアイテム。

しおりを読むことで、遠足に行く前から楽しい気分になる。

実際に行ってから、情報以上のことを体験してもらって、感動する。

 

しおりにはそんな役割があります。

魅力的なしおりを作って遠足を楽しくしてあげれるといいですね。
 

 

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ