冷やし中華に合うおかずやスープを紹介。栄養価が高いって本当?

夏の人気の食べ物と言えば冷やし中華です。

特に男性に人気が高く、中には毎日でも食べたい!という人もいるくらい。

でも、冷やし中華だけでおかずがないと食卓がちょっと寂しいですし、栄養価も気になりませんか?

この記事では、

・冷やし中華に合うおかずはコレだ!
・冷やし中華に合うスープは何?
・冷やし中華は栄養価が高いって本当なの?

ということについて紹介します。

スポンサードリンク

冷やし中華に合うおかずを紹介

冷やし中華は日本で生まれた食べ物です。本場中国には無いんですね。

中華料理は基本的に火を使うので、温かい食べ物だけなんですよ。

とはいうものの、合うおかずを考えると中華系のおかずが相性がいいんですよね。その理由は「麺」です。

ラーメンと同じように麺を使用しているので、ラーメンに合うおかずは冷やし中華にも合うと考えられるのです。

また、日本食なので当然和食のおかずも合うんです。

餃子


中華繋がりということで餃子を紹介します。

餃子は栄養分がバランス良く詰まっており、完全食とも言われています。

皮・・・炭水化物
豚肉・・・たんぱく質
野菜・・・ビタミン類

人間の体を健康な状態に維持するために必要な栄養分がた~っぷり入っているんです。

おひたしや漬物


おひたしや漬物も冷やし中華によく合います。

おひたしは「ほうれん草」「三つ葉」「小松菜」「新玉ねぎ」などが人気です。

スポンサードリンク

から揚げ


肉には体を動かすために必要な「アミノ酸」やビタミン類が豊富に含まれています。

冷やし中華だけでは十分なお肉を取り入れることができないので、おかずとしてから揚げがおすすめです。

 

冷やし中華に合うスープは何?

汁ものがあると、食卓はにぎやかになります。

卵スープ


中華風に鶏ガラベースの卵スープをゴクゴクっと。

汁ものがあると、食事がスムーズに喉を通ります。

牛テールスープ


個人的に言えば、一番好きなのがこちらの牛テールスープです。

味がしっかりかりと染み込んでいて、テール部分の肉も柔らかく食べることができて、もう最高です^^

冷やし中華じゃなくても普通の食事にも合うスープです。

冷やし中華は栄養価が高いって本当なの?

「おかずは何を作ろうか?」って悩んでしまう冷やし中華ですが、様々な食材が乗っていますよね。

・ハム
・きゅうり
・トマト
・卵
・レタス
・中華クラゲ
・その他

丼ぶりに例えるなら、麺がご飯で乗っているものがおかずになるわけです。

それに、乗っている食材は夏バテ解消、疲労回復に適しているものばかりです。

冷やし中華は、それだけでほぼ完成された料理と言えます。

あえて他におかずを作らなくても、栄養的には大丈夫と言えます。

最後に

冷やし中華に合うおかずを紹介させていただきました。

確かに一品だけではちょっと寂しい気もしますので、なにかもう一品つけるといいですね。

個人的にはスープがあると「食べた感」があるので嬉しいです。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ