ルブタンの財布でメンズの評判は?レディースとの違いは?

存在感のあるスタッズとデザインが個性的なクリスチャン・ルブタンの財布。

ハイブランドで、ルイ・ヴィトンの財布よりも高いです。そう簡単には買う決断はできませんよね。

「偽物だったらどうしよう?」
「ネットで買って騙されたらどうしよう?」
「ルブタンの財布って実際に使ったらどうなのかな?」

買う前にいろいろと不安や心配ごとがあると思います。僕はネットでルブタンの財布を実際に購入しました。実体験をもとに、画像付きでいろいろと説明していきます。

この記事では、

  • ルブタンの財布でメンズの評判は?
  • 展示品ってどうなの?デメリットはある?
  • ルブタンの財布でメンズとレディースの違いは?

について解説していきます。

スポンサードリンク

ルブタンの財布でメンズの評判は?

ルブタンの長財布でスタッズがついているものは「パネトーネ」の愛称で呼ばれています。パネトーネとはドライフルーツがたくさん入っているパンの事です。このドライフルーツのブツブツがスタッズを連想させると言われています。

さて、ルブタンの長財布パネトーネはルブタンの公式サイトで見ると価格は10万円前後の商品が多いですね。こちらから見ることができます↓

クリスチャン・ルブタン公式サイト メンズ財布

僕は公式サイトでは購入せずに、楽天で購入しました。楽天ポイントが20,000円分溜っていたので、それを使いたかったからです(笑)

楽天でいろいろと探して、気に入ったデザインを見つけました。買うなら少しでも安く買いたい、と思って同じデザインの物をさらに探しました。そこで見つけたのが「展示品」と呼ばれる新品で安い財布だったんです。

ルブタンの財布で展示品はどうなの?

購入した展示品のルブタンの財布は新品よりも20,000円ほど安くなっていて80,000円でした。お店は「ブランド楽市」さんです。失敗したくなかったので、購入する前に、まずはお店についていろいろと調べてみました。

ブランド楽市さんはネット上だけじゃなく、実際に店舗を3軒持っているお店で、口コミでも評価が高く、発送も早いという事でした。それで信頼できるお店だと判断しました。

購入した展示品は「本物」と書いてあり「新品」「未使用」で、外観と中身もとても綺麗ということでした。ただ、値段が安くなっているだけに、どこかにちょっとした傷があるかもしれないし、少し不具合があるかもしれない、と覚悟はしていました。

やはり、安くなるのには理由がありますからね。

ブランド楽市さんは、商品のページに会社の電話番号が書いてあるので、出品している商品について質問をすることができます。気になる事がある場合はかけて聞いてみるとよいでしょう。

では実際に届いたのものを画像付きで紹介します。

ルブタンの財布を購入!

ブランド楽市さんは対応がとても早く、注文してカードで支払いをしたその日に発送をしてくれました。買ったものはすぐ手で触ってみたいから、対応が早いというのはポイント高いです。

家を留守にしていたのですが、宅配ボックスに入れてくれていたので再配達の手続きをする手間が省けました。ちょっとしたことですが、こういう点も嬉しいですね。

紙袋の中にプチプチで丁寧に梱包されていました。プチプチを取ると綺麗な薄茶色のルブタンの箱の登場です。これを見たらテンションが一気に上がりましたよ。

箱を開けると、布袋が。ずいぶん厚手で丈夫な袋です。麻でできているのかな?厳重に保管されているんですね。この中に財布が入っているのか・・・

開けると待ち望んだルブタンの財布とついに対面です。心臓の鼓動が高鳴ります。早速持ってみる。おおぅ・・・存在感あるな・・。すごいぞ・・・。

「もしかしたら展示品だからどこかに傷がついているかも?」と思って、一通りぐるりと見まわしましたが、はっきり言って傷は0です。どこも傷ついていません。嬉しいですね。

財布の中には、カードが二枚入っていました。どちらも英語で書かれてあります。
一枚目には「CARE INSTRUCTIONS」と書いてあります。日本語に訳すと「取扱説明書」になります。

もう一枚には商品名と商品番号が書いてありました。

今まで使っていたヴィヴィアンウエストウッドの長財布よりも、スタッズがある分、重く感じますね。そして一回り大きいです。手が小さい人には片手で持って開け閉めするのが大変かも。

ちなみに、財布が入っていた箱の裏側はこんな感じで、ルブタンカラーの赤色です。透かしでクリスチャンルブタンのロゴマークがプリントしてあります。

ファスナーを開けてみる。ファスナーの取ってが大きいから持ちやすいです。ん・・?ファスナーが硬い・・・まだ新品だからしょうがないですね。使っているうちにほぐれてくるでしょう。それに、スタッズ部分が手に刺さる・・・。でもそんな細かいことは気にしません。だってルブタンだから(笑)

中を開けると真っ赤なルブタンカラー!!く~~っ、しびれるね~!!

札入れが右側と左側の両方に付いていて、小銭入れが真ん中に付いています。小銭入れのファスナーの柄の部分は、昔は革製だったのですが、最近金属に変わりました。よく見ると小さく「christian  Louboutin」と彫ってあります。外側のファスナーも同じです。おしゃれですね~。

(画質があまり良くなくてすみません・・・)

前の財布よりも厚みがある分、以前の財布が収まっていた場所に入りにくくなってしまいました。だけど、そんなことは全然気にしません。だって、ルブタンのデザインに一目ぼれして買ったんだから。多少使いづらくたって全然気にしません。だってルブタンだから(笑)

さて、では実際にお札を入れてみましょう。

この画像の時点でお札は15枚入っています。それでもまだまだ余裕が感じられますね。30枚くらいまで入りそうです。次にカードと領収証も入れてみます。カードは12枚入れることができます

次は小銭を入れてみます。一般的な財布に比べると、端の部分が短いため小銭の入る量は少なく感じます。

さて、ここでちょっと問題が。問題って程でもないですが、一番上の段のカードを取り出す際に、ファスナーの部分にひっかかってしまい、スムーズな出し入れが難しいです。下の画像の左上の部分ですね↓

まぁ、でも使っているうちに慣れていくと思います。

実際にルブタンの財布を購入してみての感想は一言でいうと「買って良かった」につきます。ず~っと憧れていたので、ついに手に入れることができとても満足してます。スタッズの感触、財布の存在感、ルブタンの赤。予想以上に素晴らしいです。

多少使いづらいかも?と思うところもありますが、はっきり言ってそれほど気になりません。

スポンサードリンク

展示品であることのデメリットは?

さて、では展示品を買うことで何もデメリットが無かったのか?というと、実は一つだけあったんです。それは「接着剤らしき物の跡」です。予想なのですが、展示品ということでおそらく値札とか、POPを直接貼り付けていたのではないかと思います。

ほんのちょっとだけなのですが、スタッズの部分と、ファスナーの横の部分に接着剤の跡と思われるほそーい糸状の汚れが付いていましたから。

ただ、一見しただけではわからないほどの少しの量だったし、十分に乾燥していたので毛抜きつまむと、面白いくらいにパラパラと剥がれ落ちてきて、全部跡形もなく取れましたよ。

これで新品とまったく同じ状態になりました。

購入する際はカード分割払いが便利!

高額な買い物をするときは、カードの分割払いが便利です。一度に支払う金額をかなり安く抑えることができるので、安心して支払いができます。

例えば10万円の財布を買う場合に1万円ずつの10回払いにしたとします。現在はどのカード会社も分割払いの手数料はほとんど同じで、この場合の手数料は大体6,800円になります。

10万円の財布を10回払いで買うと手数料込みで10万6800円になるわけです。つまり一か月に10,680円で買えるんですね。「今すぐにお金が無いけど、どうしても欲しい!」という場合にはおすすめですね。

注意点は、

分割払いに対応しているカードと対応していないカードがある

ということです。例えばセゾンカードの場合は10回払いはできません。できないんですが、商品を買うときに支払回数を指定することはできちゃうんですね。

その結果、お店側がカード会社に通知して使用承認を取ろうと思っても、カード会社から「その回数ではできません」ということで断られてしまうことがあります。

その結果、カードが使えないということもあるので、気をつけましょう。

ルブタンの財布でメンズとレディースの違いは?

ルブタンの財布メンズとレディースを比較してもサイズ的な違いはありません。違うのは色とかデザインですね。決定的に違うと言われているのがファスナーの部分です。

メンズのファスナーは四角い形状をしていて、レディースは尖って炎のような形をしています。

ですが、個人的には「その違いが何なの?」っていうくらい全然気になりません。ユニセックスに使える財布だと思っています。

最後に

自分が実際に購入したルブタンの財布「パネトーネ」のレビューを書かせていただきました。今回購入したのは展示品です。まったくの新品に比べると20,000円ほど安く買えるのが魅力ですね。

ルブタンの財布は楽天で探すと「新品」「中古」「展示品」などたくさん出てきます。展示品は実際にはお金を入れて使用をしていないので、中身の汚れはほとんどありません。

ただ、今回のように外側が少し汚れていることも考えられます。値段が安いので、そこは割り切って我慢?しましょう。

ルブタンの財布はなんといっても存在感が半端じゃありません。使用するたびに周囲の人の目を引きます。ヴィトンのように、誰でも使っているものではないので、他人と被ることはほとんどないでしょう。

僕も使うたびに何とも言えないいい気持になっています(笑)

少しでも参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ