ハロウィンの仮装で子供でも簡単にできるアイデアを紹介!

halloween-975549_640

子供がハロウィンに仮装をするイベントが増えています。

でも何に仮装すればいいのか迷っちゃいますよね。
基本的にハロウィン仮装にルールはありません。

子供でも簡単にできる仮装のアイデアを紹介していきますね。

スポンサードリンク

ハロウィンの仮装で子供でも簡単にできるアイデアを紹介!

お子さんが小さい場合、1歳~2歳くらいの場合は、
キャラクター物のパジャマでも仮装の代用をすることができます。

中でも着ぐるみタイプのパジャマがおすすめです。
頭に被る帽子の部分も付いているので、それ一着ですべて済むからです。

キャラクター物の着ぐるみパジャマはどんなものがあるのかと言うと、

  • リラックマ
  • パンダ
  • ジバニャン(妖怪ウォッチ)
  • くまモン
  • ドラえもん
  • ピカチュウ
  • ペンギン
  • ガチャピン

など、可愛らしいものがたくさんあります。

着ぐるみパジャマのメリットは、ハロウィン仮装で使った後に、
普通のパジャマとしても家で使えるという点ですね。

着ぐるみだから暖かいので、これからの寒い冬の季節に役立ちますし。
来年になったらまた別の着ぐるみパジャマを買ってあげましょう。

一石二鳥のお得な仮装のアイデアです。

ハロウィンの仮装で子供用で通販にするなら?

手作りをする方法もありますが、そう簡単にはできません。

それなりに材料や道具を集める必要があり、
手間も時間もかかります。

そう考えると、既製品を購入するのが一番簡単で手っ取り早いですね。

ということで、現在人気の子供用ハロウィン衣装を
女の子用、男の子用それぞれ紹介します。

ハロウィンにお姫様

定番のお姫様です。ティアラも付いていて可愛らしいですね♪

価格が1,780円と非常にリーズナブルなこちらの商品。

ファスナーは無く、かぶって着る簡単タイプです。
頭がきつくて通らない場合は、首の部分をはさみで少し切ってください。

生地が伸びないので、ちょっと大きめのサイズが良いと思います。

ラメが落ちるタイプではないので着て走り回っても
家の中がラメで汚れることはありません。

価格が安い分、作りは少し雑な部分がありますが、
ハロウィンの日を楽しむには十分な仮装です。

ハロウィンはやっぱりカボチャ

ハロウィンと言えばやはりカボチャです♪ということでカボチャの仮装もいいですよ。

「ザ・かぼちゃ」って感じですね^^

厚みがあり、大きめなのでお尻まですっぽりと隠れます。
腕回りも大きく開いているので、服を着た上からでも簡単に
被ることができるのが魅力。

背が小さなお子さんが着るとカボチャが歩いているようで
とても可愛らしいんですよ^^

暖かいので寒いこの時期に外を歩くの最適と言える仮装ですね。

身長100㎝くらいのお子さんにぴったりな仮装です。

ヘタの帽子についているゴムがきついので、
切って、ヘアピンでとめるのが良いでしょう。

また、洗濯はできない作りになっています。

ハロウィンにはスパイダーマンも!

今やスパイダーマンもハロウィン仮装では人気のキャラクターとなっています。

価格は驚きの648円。

なんてリーズナブル!これなら一度きりの使い切り感覚で
使うことができますね。

生地は薄く、メッシュのような感じで伸縮性があります。
また、頭に被るマスクが小さめにできているので、かぶりにくい
場合は後頭部の部分に切れ込みを入れるとよいです。

あと、目の位置を調整しないと合わないことがありますので、
はさみでくりぬいて大きくするとよいでしょう。

洗濯ネットに入れれば洗うことが可能です。

ただ、縫い目は若干粗くほつれている部分もたまにあります。

ハロウィンにピーターパンで!

男の子でも女の子でも仮装できるのがピーターパンです。

ちょっと料金は高くなりますが、セット内容は充実しています。

シャツ、パンツ、帽子、ベルト、ブーツカバーの5点セット。
これですぐにピーターパンに変身できます。

ちなみにブーツカバーは、履いている靴の上から被せる
もので靴底がありません。ですので、屋外のイベントでも
屋内でもどちらでも大丈夫です。

ただ、靴と固定しないとくるくると回ってしまうので、
両面テープで靴と固定することをお勧めします。

帽子は小さめなので、取れてしまう場合はヘアピンで固定しましょう。
生地が薄めなので、乱暴に取り扱わないように注意が必要です。
また、ちょっとチクチクする生地なので、インナーを一枚着るとよいでしょう。

多少の調整が必要なので、事前に一度来て、確認したほうがいいですね。

人気でディズニーランドに着ていくお子さんも多いんですよ。

ハロウィンはトイストーリーのウッディ―で!

カウボーイスタイルがカッコいいウッディ―です。

内容は、シャツ、ベスト、バッジ、帽子、バンダナ、ベルト、
ホルスター、ブーツカバーと盛りだくさんです。

子供だけじゃなく、大きいサイズがあれば大人でも着たいくらいですよ。

ただ、一つだけ入っていないものがあります。
それは「ズボン」です。ズボン(この場合はジーンズですね)は
ご自分で用意していただくことになります。

また、バッジもしっかりと固定されているわけではないので、
激しく遊びまわると、落ちてしまうこともありますので、
グルーガンなどで固定することをお勧めします。

ブーツカバーは靴に被せるタイプの物なので、
外れないように両面テープで固定しておきましょう。

メーカーがアメリカの会社なので、サイズが日本人には多少大きくて、
袖が長い場合がありますので、詰める必要があるかもしれません。

最後に

ハロウィンの仮装で子供用で簡単にできる物を紹介しました。

手作りも良いのですが、手間や費用を考えると通販で買った方が
コストパフォーマンスがよいと思います。

今は破格で買える衣装が探せば出てきます。

それと、どの衣装にも言えることですが、事前に一度着て下さい。
ぴったりと合えばいいのですが、きつい、大きいなどの不具合
が出てくることが十分に考えられるからです。

そこはうまく調整してください。

今年のハロウィンは可愛い格好で決めてくださいね♪

※ハロウィンに関する記事はこちらにまとめています。

ハロウィン  ハロウィンに関する記事一覧まとめ

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ