健康診断書 就職する際既往歴は必要?異常があったら落ちるの?

338540

健康診断書に「既往歴」って記入欄があるけど、

ここは正直に書いた方がいいのかな?

書くことによって不利益が生じないだろうか?

最悪、内定が取り消しになって落ちてしまうこともあるのかな?

気になるこの部分についてわかりやすく説明していきますね。

スポンサードリンク

健康診断書 就職する際に既往歴は必要なの?

就職する際に必要になってくるのが「健康診断書」です。

いよいよ就職が内定し、これから務めるという段階になり、

体に健康上の問題がないかをチェックするわけです。

健康診断で受ける項目は11項目あり以下のようになっています。

一  既往歴及び業務歴の調査
二 自覚症状及び他覚症状の有無の検査
三 身長、体重、視力及び聴力の検査
四 胸部エックス線検査及び喀(かく)痰(たん)検査
五 血圧の測定
六 貧血検査
七 肝機能検査
八 血中脂質検査
九 血糖検査
十 尿検査
十一 心電図検査

はい、注目!!

1番目に「既往歴及び業務歴の調査」とありますね。

既往歴とは?
これまでにかかった病気の履歴のことです。大きな病気だけじゃなく、アレルギー、交通事故、健康状態、薬の副作用も含まれます。

 

会社はできるだけ健康な人材を採用したいと考えています。

健康保険の半分は会社が負担することになりますので、病弱で頻繁に

病院にかかった社員がいると経費がかさみます。

それに体調不良で休みがちになってしまったり、最悪途中で

会社を辞められてしまっては会社のこうむる損害は大きいですね。

 

例えば、同じような能力の人が二人いたとして、片方が健康でもう一人が

不健康だった場合。あなたが社長ならどちらを起用しますか?

言うまでもありませんね。

 

さて、それでは既往歴の話に戻します。

今まで生きてきたうえで既往歴って思い返してみると結構ありませんか?

ちなみに僕の場合は、

  • 虫垂炎(盲腸)
  • 気管支喘息
  • アレルギー性鼻炎
  • 副鼻腔炎(蓄膿)
  • 不整脈

ちょっと思い出しただけでもこれだけ出てきます。

 

じゃあ、これらを既往歴として健康診断書に書いて出したのか?

というと・・・・

答えは「NO」です。

既往歴のところには何も書きませんでした。

 

というのも、服用している薬はあるのですが、ちゃんと規則的に

飲んでいれば日常生活に何も問題がないからです。

虫垂炎だって10年以上前のことだし・・・

こういうことを自己申告すると、無駄に不利になってしまう恐れがありますよね。

 

たとえば過去に「うつ病」を患ったとしても、現在は普通に生活できているので

あれば、既往歴に記入する必要はないと言えます。

就職って食べて生きていくためには絶対に必要なことじゃないですか。

なんとしても勝ち残って定職について生き残らなければならないのです。

 

ただ、本当に体調が悪く、病弱なのに既往歴を空白にするのは

よくありません。下手をすると詐欺行為にあたります。

週に一度は必ず病院に行かなくてはならないとか、感染性の持病を

持っているとか、明らかに仕事に支障がある場合は書き込んでください

 

既往歴に何も書かなくてよいのは、あくまでも、昔はこうだったけど、

今現在はなんともありませんよ、というときのみです。

 

「でも、過去にさかのぼって調べられたらばれるんじゃない?」

たしかに心配になりますね、それは。

ですが、病院でのカルテの保存期間は5年です。

5年以上昔のものはもう処分されてしまっている可能性が高いですよ。

関連記事健康診断の前日の食事は何時までOK?当日の水や喫煙もダメなの?

スポンサードリンク

健康診断書 就職する際に異常があった場合どうする?

届いた健康診断書を見たら異常がみつかった。

この場合、内定が取り消されるのか心配でドキドキだと思います。

 

異常のレベルにもよりますが、著しく仕事に支障をきたすような病気

じゃなかったり、「仕事不可能」というくらいの大病を抱えていない限りは、

採用を取り消される可能性は極めて低いと言えます。

言い換えると、「今現在、健康で仕事に何も支障がない」状態であれば

取り消されることはほとんどないでしょう。

 

中には、健康診断で発覚した異常を正直に上司に告白している人もいます。

嘘をつくのが下手な人は、自分をごまかせずに、話してしまうようです。

 

このように上司や会社に正直に話すことで、

結果的に良い方向に行く場合もあります。

社員を大切にする会社ならば、健康診断で出た以上にかかわらず、

まじめに努力している姿をちゃんと見ているし病気というのであれば、

あなたの健康面を気にかけてくれる可能性があります。

このような「良い会社」に就職することができれば安心ですね。

おもいきって告白してみるのもありかもしれません。

 

健康診断書の内容で就職活動で落ちることあるの?

正直に言ってしまえば「落ちる可能性はあります」

既往歴に不安な問題がある場合、会社としても率先して

採用をする理由がありません。

 

会社としては社員の健康を守る義務があります。

なので、事前に健康面に重大な問題が発覚した場合には

内定取り消しの可能性も否定できないのです。

 

会社として、内定を取り消さざるを得ない条件というのは

大きく2つあります。それは、

  1. 虚偽の申告があったとき
  2. 採用予定者の健康上に重大な問題が発生したとき

です。

 

たまにテレビで、精神疾患が原因で交通事故を起こしてしまった、

などというニュースも聞きます。

万が一このような事故が起きてしまった場合、あなただけの問題ではなく、

上司、社長、会社の責任や管理能力が問われることになってしまうのです。

 

ですので、会社の人事担当としてはなにか健康面に不安な部分が

あるなら正直に話してほしい、というのが本音です。

 

まとめ

健康診断の既往歴には、今現在は何も問題がなくて、

自分の不利になることは書く必要はありません。

不安なところがあれば正直にかいて、人事の人と

話し合ってみるのも一つの方法ですよ。

※健康診断に関する記事はこちらにまとめてあります。

まとめ 健康診断に関する記事一覧まとめ

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ