飛行機の手荷物に液体やクリーム状の物は国内線、国際線で持ち込める?

55f8fae44b874c4e280376294e628d4a_s

飛行機に乗るときってジュースとか整髪料とか

化粧水みたいな液体ってもちこめるんだっけ?

国内線と国際線での持ち込み規則の違いについて説明していきます。

スポンサードリンク

飛行機の手荷物に液体やクリーム状のものは国内線で持ち込める?

飛行機に乗るときには保安検査場での

「手荷物エックス線検査」「金属探知機による検査」があります。

手荷物検査の方は、機内に危険物を持ち込むのを防止するのが

目的で、刃物、爆発物などを持ち込まないように厳重に見張っています。

 

さて。

では、液体は持ち込むことができるのでしょうか?

極端な話ですが、テロリストがペットボトルに何かの危険な液体を

入れて持って入るかもしれません。

ですので、保安検査場ではペットボトルは検査されます。

 

封を開けていないペットボトルは問題ありませんが、

一度口を開けているものは、中身が入れ替わっているおそれが

ありますので、検査機に乗せて調べることになります。

検査は一瞬で終わり、問題なければ普通に返却されますよ。

 

では飲み物以外の液体、例えばジェル、目薬、化粧水、といったものは、

持ち込めるのでしょうか?

 

答えは

国内線なら持ち込み可能です。

ただ、いくらでもOKではなく、容量が決まっています。

一つの容器に入れられるのは500ml以下です。

そして、持ち込めるのは2000mlまで。

これは一人の場合なので、二人になれば倍になります。

では、国際線の場合はどうなのでしょう?

関連記事グアム旅行を格安で楽しみたい!買い物に現金はいくら必要?

 

スポンサードリンク

飛行機の手荷物に液体やクリーム状のものは国際線で持ち込める?

まず最初に答えを言うと、持ち込みは可能です。ですが、

国際線の場合は、国内線以上に条件は厳しくなっています。

液体は飲み物でも化粧品でも、

100ml以下の容器に入れなければなりません。

ポイントは容器自体の大きさが100ml以下ってことです。

 

100ml以上の容器に100ml以下の液体を入れても無効です。

ちょっとややこしいけどわかりますよね?

つまり、容器自身が100ml以下の物を使ってください、ってことです。

 

さらに、この液体を入れた容器を

1000ml以下のジッパーの付いた透明なプラスチックの袋に入れます。

ここで気をつけなければならないのは、保安検査場で検査をする際に、

透明なプラスチック袋が無ければ、容器は廃棄されるってことです。

せっかく容器に分けて入れたとしても、それを入れるプラスチック袋

が無ければ、持ち込むことができませんのでご注意くださいね。

 

プラスチックの袋で便利なのがジップロックです。

コンビニや100均にも売っていますので、必ず用意していきましょう。

ちなみに、ジェルやペースト状のどろっとしたものも液体とみなされます。

 

もし、旅先にもっていきたい液体のものがあるならば、

手荷物ではなく、スーツケースに入れておくのが確実ですよ。

 

まとめ

手荷物で持ち込める液体は、国内線なら大きな問題は無く、

国際線なら100ml以下の容器に入れて、透明なプラスチック製の

袋の入れれば大丈夫です。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ