お酒でシングルとダブルの意味と違いをわかりやすく解説!

drink-428309_640

「マスター。ウイスキーをシングルで頼むよ」

ん?なんだシングルって?もしかしてダブルもあるの?

どんな意味なのか、違いは何なのか?について

わかりやすく解説していきますね。

スポンサードリンク

お酒でシングルとダブルの意味と違いをわかりやすく解説

さて、上記のバーでの会話で出てきた、

「シングル」とか「ダブル」とかってたまに耳にするよね。

正しい意味を知っておくと、いざって時に「ふふ~ん、なるほどね」

と理解できるし、ちょっと自慢気に友達に話すこともできるので、

ぜひこの機会に覚えておきましょうね。

 

シングルとは1オンス(30ml)のことを指します。

海外の映画やドラマでウイスキーやテキーラを飲むときに

使う小さなグラスを見たことがありませんか?

あの小さなグラスは「ショットグラス」と呼ばれ、

ちょうど1オンス分のお酒が入るようになっています。

 

「ウイスキーをシングルで」と注文するとショットグラス一杯分、

1オンス30ml分のウイスキーが出てくるのです。

 

「ウイスキーのロックをシングルで」と注文すると、

グラスに30mlのウイスキーと氷が入ったものが出てきます。

 

ということは、ダブルになれば単純に量が倍になるって思うでしょ?

はい、その通りなんです(笑)。

ここには何のひねりもありません。

ダブルはシングルの2倍で2オンス、つまり60mlになります。

 

メニュー表にはシングルはsingleの頭文字をとって「S」

ダブルはdoubleの頭文字をとって「D」と表記されている場合もあります。

また、シングルとダブルの中間である

1.5オンス(45ml)をジガーと呼びます。

 

スポンサードリンク

お酒のシングル、ダブルというのは量だった!

もっとわかりやすく言えば、飲み物の単位と言い換えることもできますね。

  • ビールなら一杯、二杯。
  • 日本酒なら一合、二合。
  • ウイスキーならシングル、ダブル

という具合です。

ウイスキーはアルコール度数が高いお酒なので、

ダブルはかなりの量になります。

酔っ払いすぎて大変なことにならないように気をつけましょうね。

 

お酒のワンフィンガー、ツーフィンガーとは?

「ワンフィンガーで」というのは指一本分のことです。

グラスの底に指を横に合わせて、その高さまで

注いだ量をワンフィンガーと言います。

そして、指二本分の高さまで注いだ量をツーフィンガーと言います。

 

ワンフィンガーの量はシングルとほぼ同じ量になりますので、

意味合いとしては、

「ワンフィンガー=シングル」と考えて大丈夫です。

 

お酒のシングルモルトとの違いは?

ちなみに紛らわしいもので「シングルモルト」というウイスキーが

ありますが、こちらは同じシングルでも意味が違います。

一つの蒸留所のみで作られたウイスキーのことを

シングルモルトと呼ぶのです。

 

まとめ

これでお酒のシングル、ダブルの意味が分かりましたね。

この言葉が使えるようになるとちょっと大人になった感じで

カッコいいですので、ぜひトライしてみてくださいね。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ