電力自由化で料金はどれくらい安くなるの?契約方法や工事について

プリント

今年の4月から開始される電力の自由化。

実際にはどれくらい安くなるのか、契約方法と、

工事は必要なのか?気になる電力自由化について解説していきます。

スポンサードリンク

電力自由化でどれくらい安くなるの?

今まで、電力会社はほとんど独占企業状態でした。

例えば、北海道には「北海道電力」一社しかなく、関東一帯なら

「東京電力」一社のみだったのです。

 

ですが、電力の自由化に伴い多くの企業が参入してきました。

その数、約200社。

 

これだけ多くの企業が参入してくることにより、価格競争が起こり、

今までの電気代よりも安くなることが予想されます。

実際にどのような料金プランがあって、どれくらい安くなるのか、

というのは2月中旬に発表されるとみられています。

 

試算では、今まで使用していた電気代に比べると

5~6%は安くなると言われています。

これは年間にすると約1万円程度の割引になります。  

参入を表明している企業はたくさんあり、ソフトバンクなどの

携帯電話会社から、コンビニ、HISなどさまざま。

今まで、電力に関係ないと思われていた企業も

続々と名乗りを上げてきています。

 

というのも、電力市場は9兆円ともいわれており、

プラン次第では、まだまだ成長が見込める市場なんですね。

 

今後は新規参入企業がお得な期間限定プランやセットプラン

打ち出してくることが予測されます。

中にはポイントカードを使うことが可能な電力会社(東京電力)も

ありますので、賢く選んで得をしたいところです。

 

スポンサードリンク

電力自由化の契約方法は?

電気がコンビニやスーパーや携帯電話会社で買える時代が

来ています。では、実際にどうやって電気を買うの?物みたいに

手持ちでもらうの?というとそうではありません。

 

電力会社と契約する、ということになります。

今までの会社から新たな会社に契約しなおすわけです。

 

まずは各企業のプランを見て、どの電力会社に乗り換えるかを決めます。

決まったら、ネットから申し込みをしましょう。

 

これで大丈夫です。

今まで使っていた電力会社に連絡をする必要はありません。

新しい電力会社が代わりにしてくれます。

 

電力自由化に工事は必要?

電力会社を乗り換えたとしても、特別な工事は必要ありません。

今まで使用している電線や、送電システムを使うので、

新たに家に人が入ってきて工事をするとか、工事が完了するまで

電気が使えないなんてこともありません。

今と同じ環境のまま新電力を使うことができるのです。

 

まとめ

電力自由化によって電気代は安くなると言われています。

2月以降の各企業のプランでどれくらい安くなるのかが発表されますので、

チェックをしてみてくださいね。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ