お通夜の服装でシャツは何色?靴は?靴下は?わかりやすく解説!

d112d03d644d0065fd21f811220ec7ae_s

お通夜はたまにしかないので、

どんな服装で行けばいいのかちょっと迷います。

服装でシャツは何色がいいの?

靴は?靴下はどうする?

ということについて説明していきます。

スポンサードリンク

お通夜の服装でシャツは何色?

お葬式に着ていくのは基本的には黒の喪服です。

喪服がない場合は、黒のスーツでも代用ができます。

 

この時に中に着るシャツの色は「白色」と決まっています。

まったくの無地の白でなくても大丈夫です。

 

襟もとや袖に黒のステッチが施されているものでも、

問題ありません。

 

ただ、お通夜の色は「黒」と「白」ですので、

色のものは避けましょう。

ステッチも黒ならばいいですが、赤とか黄色などの

明るい色はお葬式には合いません。

白のシャツで、黒のステッチというのがいいでしょう。

関連記事初盆の香典の相場はいくら?のしはなんて書く?行く時の服装は?

 

スポンサードリンク

お通夜の服装で靴は?

お通夜の靴も黒色のものがいいです。

黒がない場合は、紺色など、黒に近い色を選びましょう。

 

そして革靴がベストです。

革靴であれば、紐靴でも紐なしでも問題ありません。

冬ならばブーツでも大丈夫でしょう。

 

革靴がない場合は、黒系のものであれば何とかなるので、

スニーカーなどで代用してください。

 

お通夜の服装で靴下は?

斎場によっては、靴のままで椅子に座るところもあれば、

靴を脱いで座敷に上がる場合もあります。

 

座敷に上がった時に靴下が柄ものだったり、

穴が開いていたりしたら大変ですね。

 

僕は一度、白と青の縞の靴下を履いていったことがあります。

そしたら、座敷だったんですよ!

 

座敷形式のお葬式は初めてだったので、知らなかったんです。

一人だけ、縞縞の靴下で浮いてしまって、

恥ずかしい思いをしてしまった経験があります。

 

ですので、靴下は黒の無地の綺麗なものを

履いていくようにしましょう。

 

まとめ

お通夜の服装は黒の喪服に対して、白のシャツ。

黒の靴、黒の靴下がいいです。

葬式の時に着ていくように、

「白シャツ」「黒靴下」は別に用意しておくと、

いざというときに便利です。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ