乳がん検診の頻度はどれくらいがいいの?料金は?服装は?

プリント

胸のしこりや、張り、痛み・・・

違和感が気になる方は乳がん検診を受けましょう。

どれくらいの頻度で受ければよいのか?

乳がん検診の料金はいくらくらいかかるのか?

どんな服装で行けばよいのか?ということについて解説していきます。

スポンサードリンク

乳がん検診の頻度はどれくらいがいいの?

乳がんの進行速度は一般的には「遅い」と言われています。

進行が遅ければ、頻繁に乳がん検診を受けなくても大丈夫なのですが、

最近では乳がんでも種類や人によって進行速度は異なり

なかには「進行が速い」人もいることがわかってきています。

 

最近では女子プロレスラーの北斗晶さんが乳がんで手術をしました。

彼女は毎年乳がん検診をしていたのです。

けれども、進行が速い乳がんだったため、急激に大きくなったがんを

検診で見つけることはできませんでした。

 

このように、乳がんの進行が速い人もいるので油断はできません。

特に20代で若い場合は、がんの進行が速いと言われています。

 

ただ、市が行っている乳がん検診は2年に一回ということから考えると、

一般的には進行が遅い、という認識のようです。

 

厚生労働省の発表によると、乳がん検診の受診状況は

以下のようになっています。

乳がん検診の受診割合
40歳以上の者の過去2年間の受診率・・・31.4%

45~49歳の受診率・・・46.1%

40~59歳の受診率・・・40%

85歳以上の受診率・・・2.7%

80歳以上の受診率・・・10%未満

 

40歳以上で過去2年間の受診率は31.4%しかありません。

半分以上の人が受診していないのが現状です。

 

乳がんは早期発見できれば早期の治療が可能になります。

できれば、20代から年に1回受診するのが妥当だと考えられます。

 

乳がんは約10%が遺伝性だと言われていますので、 親や、身内に
乳がんになった方がいる場合は、積極的な検診をおすすめします。

 

違和感や変化を感じたり、気になった時が乳がん検診に行くときです。

命と胸を守るためにもぜひ、定期的な検診に行くようにしましょう。

関連記事会社の健康診断で受ける義務がある項目は?拒否できるの?

 

スポンサードリンク

乳がん検診の料金はいくら?

乳がん検診の費用は検診を行っている場所によって異なります。

  • 自治体の場合・・・1,200円前後
  • 病院の場合・・・3,000円前後(保険適用時)

 

自治体での検診は安いのがメリットですが、年齢制限をかけている

ところが多く、すべての希望者が受診できるわけではありません。

一般的には40歳以上というところが多いようですね。

 

ちなみに札幌市の場合、40歳から無料で乳がん検診を受診できる

クーポン券を発行しています。

乳がん検診無料クーポン券(札幌市)

 

病院で乳がん検診をする場合

検診の場合、健康診断などもそうですが、

基本的に保険は適用になりません。

「予防」や「健康のため」といった理由では適用にならないのです。

保険が適用になる条件は「なんらかの症状が出ている」こと。

 

ですので、お医者さんに

  • 「胸が張って痛い」
  • 「しこりがあるので乳がんかもしれない」
  • 「乳腺が痛い」

と現れている症状のことを伝えれば、保険適用になり安くなります。

 

もし、保険適用にならない場合は10,000円近くかかります。

ですので、予防検診だったとしても、

何か異常を感じる、症状が出ている、

ということを訴えて保険適用にしてください。

 

乳がん検診の服装は?

乳がん検診の方法は、

  • マンモグラフィー
  • 超音波検診(エコー)

の二つがあります。

どちらの検査も上半身は脱いで裸になる必要があります。

 

ですので、上半身と下半身が別の服装が好ましいです。

下半身は脱ぐことはありませんので、ジーンズやスカートでも構いません。

下着は外すことになるので、金属が入っているものを着用しても大丈夫です。

 

逆に避けないといけないのがワンピースです。

上半身だけ脱ぐことができないので、全部脱がなければなりません。

時間もかかってしまいますから、混んでる場合は迷惑になることも。

関連記事健康診断の服装はブラトップで大丈夫?胸部エックス線は?心電図は?

 

まとめ

乳がんかも?と気になる場合は、検診を受けに行くことをおすすめします。

受診して問題がなければ安心できますし、もし、異常が発見された場合でも、

早ければ早いほど治療の選択肢も広いのです。

違和感を感じた場合は、ぜひ検診へ。

※健康診断に関する記事はこちらにまとめてあります。

まとめ 健康診断に関する記事一覧まとめ

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ