高校の部活の顧問の結婚式に寄せ書きはなんて書く?ご祝儀はいるの?

138738

高校の部活の顧問の結婚式。

おめでとうございます。

部員全員で先生に寄せ書きを書いてあげましょう。

では、なんて書けばいいのでしょうか?

また、ご祝儀はいるの?ということについて説明していきます。

スポンサードリンク

高校の部活の顧問の結婚式に寄せ書きはなんて書く?

先生の結婚おめでとうございます。

部員みんなで書いた寄せ書きは、間違いなく喜んでもらえます。

できるだけ部員全員で書くようにしましょう。

誰か一人でも欠けていたら寂しいです・・・

 

では、なんて書けばいいのでしょうか?

ポイントはできるだけ素直な気持ちを書くということです。

自分の素直な祝福の気持ちを書けばOK。

 

特に難しい、かしこまったことを書く必要はありません。

おめでたい場なので、ちょっと面白おかしくでも大丈夫ですよ。

こんな感じはいかがでしょうか?

  • 先生、ご結婚おめでとうございます。お幸せに
  • 幸せな温かい家庭を作ってくださいね
  • 結婚しても僕たちを捨てないでください(泣)
  • これからも変わらぬ指導をお願いします
  • かわいい子供を楽しみにしています

 

このような感じでいいと思います。

また、普通の台紙に書くよりも、部活に関わる物

書き込んだほうが、インパクトがあって、記念にもなります。

 

例えば、バレーボール部なら真っ白なバレーボールに

マジックで寄せ書きをしていきます。

バスケ部ならバスケットボールに書き込みます(色的にちょっと見づらいかも)

 

また、サプライズ的なお祝いとしてビデオレターも効果的です。

部員全員で、生のお祝いを動画で先生にプレゼントしてあげましょう。

文章とは違った感動があります。

後々形に残るように、DVDブルーレイがいいでしょう。

 

スポンサードリンク

高校の部活の顧問の結婚式にご祝儀は必要?

一般的には結婚式にはご祝儀(お祝いのお金)をあげます。

二人の結婚のお祝い金ですね。

金額は1万円が相場ですが、

高校生が顧問の先生にご祝儀をあげる必要はありません。

 

なぜなら、立場的な問題があるからです。

高校生は未成年ですし、先生に習っている立場。

師である先生にお祝いのお金を渡す必要はないのです。

 

それでも、もし何かをプレゼントしたい場合は、

部員全員で購入するとよいでしょう。

 

その時の相場は3000円~5000円が妥当です。

部員一人当たり200円か300円程度で済むような

金額に抑えておきましょう。

あまりに高額なプレゼントは先生にも気を使わせてしまいます。

 

まとめ

顧問の先生の結婚おめでとうございます。

お祝いの寄せ書きは喜んでくれますよ。

ちょっとしたサプライズもあるといいですね。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ