注射が痛くない場所ってどこ?シールやおまじないの効果は?

lgi01a201405041200[1]

注射を刺されると子供でも大人でも痛いです。

できれば刺されたくないですね。

でも、どうしても避けることができない場合、少しでも痛みを軽減したい!

注射が痛くない場所ってどこ?

痛くないシールがあるの?おまじないは効果ある?

痛くない方法は?ということについて説明していきます。

スポンサードリンク

注射が痛くない場所ってどこ?

痛みを感じるのは痛覚神経です。

痛点とも呼ばれています。

ここに注射針が刺さると、痛みを感じるのです。

では、痛点を避けて注射を刺せばいいんじゃない?ってなるんだけど、

肉眼では痛点を見極めることはできません。

 

ですので、少しでも痛みを軽減するためには、

痛点が少ない場所に注射をするのが効果的です。

 

人体で、どこが痛点が少ないのかというと、

  • 上腕
  • 体幹
  • 大腿部(ふともも)

となっています。

ですので、この部分に注射を刺せば、痛みは軽減する可能性が高いといえます。

 

注射が痛くないシールって?

実は注射の痛みを軽減させるペンレステープというものがあります。

見た目はシールに見えるので、シールと呼ぶ人もいます。

これは局所的な麻酔で、注射の1時間ほど前に貼ると、

その部分に麻酔がかかり、痛みが緩和されます。

 

実際にペンレステープを張ってみたら、

太い注射を刺されたけど全然痛くなかった、という人がいます。

ですが、このペンレステープの効果は個人差があり、

上記のように全然痛みを感じなくなった人もいれば、

「ほとんど効果がなくって痛かった」という人もいます。

 

スポンサードリンク

注射が痛くないおまじないは?

最後の手段である「おまじない」

本当に効果があるのか?疑問に思われるかもしれませんが、

精神的なものの力は想像以上に強いですよ。

 

「痛くない」という言葉を何度もつぶやきましょう。

これは、声に出さなくてもいいので心の中で言ってください。

注射を刺す前に、心の中で3回「痛くない、痛くない、痛くない」

と自分におまじないをかけるのです。

これが意外と効果があるんですよ。

 

注射が痛くない方法

意識を注射される場所と違う場所に持っていくと、痛みが和らぎます。

腕に打つ場合、まずは目を閉じます。

次に、注射を打つ側の手を、グーッと目いっぱいの力で握ってください

そして、刺された瞬間に一気に力を抜いて目も開けて脱力するのです。

 

これで意識が分散されるのですこし楽になります。

ほかには、事前に違う場所に痛みを与えておく、という方法もあります。

注射される場所とは違うところをギューッとおもいきりつねっておくのです

 

こちらも意識が分散されるので、痛みを感じにくくなりますよ。

痛みを痛みで分散するって本末転倒な気もしますが、

注射の痛みよりはつねった痛みのほうが我慢できます。

 

まとめ

注射って痛いから嫌ですよね。

あらゆる手段、方法を使って、あなたが少しでも

その痛みから解放されれば嬉しいです。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

2 Responses to “注射が痛くない場所ってどこ?シールやおまじないの効果は?”

  1. より:

    ジフテリア行ってきます……(´д`|||)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ