雨の前日に頭痛がするのはなぜ?対策法は?薬は効く?

268132

雨が降る前日に、頭痛がする・・

なぜかいつも雨が降る前の日は頭が痛くなるんだよね。

どうして雨の日の前日に頭が痛くなるのか?その原因と、

対策方法、薬は有効なのか?ということを解説します。

スポンサードリンク

雨の日に頭痛がするのはなぜ?

雨の日の前日に頭痛がする原因は

気圧の影響が大きいと言われています。

 

雨が降る時は、気圧が低くなるんですね

気圧が低くなると、自律神経に影響があります。

 

人間の体は自律神経でコントロールされています。

大きく見れば、人間も地球の一部であり、自然の一部です。

そのため、気圧の変化でも自律神経が乱されることがあるのです。

 

どう影響するのかといえば「副交感神経」が優位になるのです。

簡単にいえば、

  • 末梢神経が弛緩し血圧が低下する。
  • 痛みを引き起こすホルモンが分泌される。
  • 偏頭痛が起こりやすくなる。

このような症状が現れるのですね。

 

ではもうちょっと詳しく説明してみましょう。まず気圧について。

気圧とは字の通り「空気の圧力」のこと。

高度の高いところでは気圧は低く、低いところでは気圧が高くなります。

 

気圧が低くなると、大気中の酸素の濃度が低くなります

酸素が少なくなると、副交感神経を優位にしていくのです。

 

健康な人であれば、自律神経も安定しているので

多少の気圧の変化では頭痛になることはありません。

ですが、もともと偏頭痛持ちだったり、怪我で手術をしたことが

ある人などは、痛みを感じてしまうのです。

 

また、気圧は単に雨の日だけでは無く、季節の変わり目でも変化をします。

その結果、冬から春、秋から冬に変わるとき頭痛を感じることもあります。

 

雨の日に頭痛の対策は?

まず、雨の日の前日に頭痛がする場合は、早めに寝て、

十分な睡眠時間を確保しましょう。寝不足は良くありません。

 

痛み出したら、ツボを押しましょう。

こめかみ部分、後頭部、首筋、頭頂部などが効果的です。

 

また、蒸しタオルで首の周りを温めて

血行を良くするというのも効果があります

 

首周りの筋肉を緩ませるのも一つの方法です。

息を大きく吸い込んで、首をすくめて肩を上げて数秒止めます。

それから脱力して肩を下ろしましょう。

首、肩まわりの筋肉がほぐれて楽になります。

スポンサードリンク

 

雨の日の頭痛に薬は効く?

それでもダメな場合は、を飲みましょう。

さまざまな鎮痛剤がありますが、人によって効く薬が違います

バファリンが効く人、ナロンエースが効く人、さまざまですので、

自分に一番合っている、効果のある薬を見つけると良いでしょう。

 

ただ、薬を飲み続けるということは、

肝臓に負担をかけるということになります(薬は肝臓で分解されるため)

その結果、問題が起きることも考えられますので、

ほどほどに飲むように気をつけてください。

 

薬を飲んでも治らない場合は病院に行くことをおすすめします。

「頭痛外来」といった頭痛専門の病院もありますので、

診察してもらえば、はっきりとした原因が分かるでしょう。

 

まとめ

雨の日の前日の頭痛は、気分も憂鬱になるし、嫌ですよね。

ツボを押したり、薬を飲んだりしながらうまく付き合っていきましょう。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ