TPPはいつから実施?関税撤廃の影響とメリットやデメリットをわかりやすく解説

man-76202_640

TPP(環太平洋経済連携協定交渉)が合意しました。

TPPというと、何となく「農作物に関係するもの?」

って思うかもしれませんが、農作物だけはなく、工業製品、お酒、

サービスなど多岐にわたり、その数全部で9,018品目にもなります。

 

では、TPPはいつから実施されるのでしょうか?

関税撤廃の影響は?メリットとデメリットも説明していきます。

スポンサードリンク

TPPはいつから実施?

現段階ではTPPは各国の代表が会議で話し合って、

合意に至った状態です。実施はされていません。

この合意に至った内容を、各代表は自分の国に持ち帰り、

国会の承認を得る必要があります。

さらに、承認を得てから批准手続き(ひじゅんてつづき:国家の最終的な決定)

になります。

 

批准手続きが決定するまでには2年の猶予が与えられています。

ですので、各国ですべて承認されて批准手続きが終われば、

2016年度からTPPが実施(発効)されることも考えられますが、

難航する場合も考えられます。

 

承認されない国が出て来た場合、残りの承認が出た国で、

GDPの合計が85%以上を占める6カ国以上批准手続きをすれば

TPPは実施されることに決定しています。

 

ですが、当然、承認されなかった国はTPPには参加しないことになりますので、

その国の生産物の輸出、輸入に関しては関係が無くなってしまいます。

 

日本での承認は2016年度の政府予算成立後の4月以降になる予定です。

結論は、TPPが実施されるのは早ければ2016年度中で、

遅ければ2017年度末、ずれ込んだ場合は2018年度と言えるでしょう。

 

TPPで関税撤廃による影響は?

まずは、関税というものがどういうものなのか?

ということをわかりやすく説明します。

 

すごく簡単に言うと、関税は「日本を守るためのもの」です。

僕が大好きなマグロを例に説明してみますね。

 

国産のマグロは500円で食べることが出来たとします。

ところが、輸入品のものはもっと安く、300円で買うことが出来るのです。

すると、みんな安い方のマグロを買ってしまうので、

国産のマグロは売れなくなってしまいます。

 

これでは国内の産業が衰退していってしまいますね?

結果として国力の低下につながり、失業する人も出て来てしまいます

そうならないように、輸入品のマグロには

値段を上乗せして、国産のマグロと差がないようにしているのです

この上乗せした値段が「関税」です

 

もうちょっと具体的に数字を入れて説明します。

スポンサードリンク

さきほどのマグロに150円の関税をかけると、

300+150=450円になりますよね。

そうすると国産のマグロ500円との差は50円となり、

差が少なくなります。

 

これで、輸入品ばかり売れてしまうということを防げますね。

このように、関税は国内の産業を守っているのです。

 

これは外国の立場でも同じことをしているのです

日本が輸出したものには関税がかけられていて、

日本で販売している値段よりも高くなっています。

 

この関税が撤廃されるということは、

経済が自由化していくということになります

それによる具体的なメリット、デメリットを説明していきますね。

 

TPPのメリットとデメリットは?

TPPに関してはのメリット、デメリットは簡単には言えません。

なぜなら、立場によって損得が違うからです

 

例えば、先ほどの話でマグロの例を上げました。

ここで、日本人には二つの立場があります。それは、

  • 消費者
  • 生産者

です。

 

安いマグロが輸入されて喜ぶのは僕のような消費者です。

安くて美味しいマグロを食べれるならラッキーですよね。

一方、生産者にしてみると、商売にライバルが現れるわけです。

今までのように販売するためには、もっと安くしなければならなくなる。

 

こう考えると、消費者にとってはメリットでも、

生産者にとってはデメリットなこともあるわけです。

 

では、それとは別に、国単位で見るメリット、デメリットを見てみましょう。

 

メリットは輸出品の関税がほぼ撤廃されるということ

アメリカやオーストラリアがかけている日本の商品について

かかっている関税が99%~100%撤廃されることが決まりました。

これにより、輸出に追い風になります。

 

撤廃は即時ではなく、TPPが発効されてから、

時間をかけて徐々に下げていく仕組みです。

例えば、アメリカに輸出している車は現在2.5%かかっています。

この関税がは25年かけて下げていくわけです。

 

随分時間をかけますよね~。

中には、即時に撤廃されるものもあります。

それは、シェービングフォームとかプラスチック製品、ビデオカメラ等ですね。

 

デメリットは食料自給率の低下です。

輸入に頼るところが多くなると、相手国が不作になってしまった時に、

日本も食料不足になる危険性もあります。

 

また、商品の値下がりが進みデフレになってしまうことも考えられます。

世の中のデフレが進むと、商品だけじゃなく給料も下がってしまいます。

そうなると、失業してしまう人も出てくるのです

 

まとめ

おそらく、TPPは実施されることになるでしょう。

メリット・デメリットはどちらもありますが、考え方を転換して、

なにごとも良い方向に考えていく、ということが大切だと思います。

TPPの実施を飛躍の機会として捉えて、さまざまなアイデアを出し、

みんなが幸せになれる世の中になるといいですね。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

3 Responses to “TPPはいつから実施?関税撤廃の影響とメリットやデメリットをわかりやすく解説”

  1. 原田 敬士 より:

    tppに関しましてのご説明文を拝読させて頂きました、ありがとうございました。しかし、どうも今一つ理解出来ないのです。それは承認された輸出国、輸入国の政府利益がゼロに近くなりますよね!今まで利益が有ったものをなぜ、捨ててしまってまでもtppを進展させる必要が有るのか、全く解りません。この所をお教え下さい。

    • sick より:

      原田さん、こんにちは!

      関税による政府利益が実際どれくらいあるのかというと、
      日本では8742億円程度です。
      意外と少ないですね。

      今回のTPP交渉では、かなり日本に有利になったといわれています。
      そして、政府はTPPによって輸出が増え25兆円の利益がでると
      見込んでいます。

      数字だけを見ると、今かかっている関税を捨てても、
      将来的には大きな利益が認められるということになります。

      海外のTPPに参加した国の考え方はわかりませんが、
      おそらく同じように自由競争になることでメリットがある、
      と考えたのではないでしょうか?

  2. 匿名 より:

    「TPPに参加しない≒アメリカさんに逆らう」と考え、仕方無く参加した国もあったかもなぁ・・・なんて私は思いました。

    今は資源価格(原油価格)の暴落で踏んだり蹴ったりの総合商社ですが、TPPでは彼等も一儲けですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ