ペアリングに刻印で相手の名前や記念日はどう入れる?その場でもできる?

wedding-ring-743741_640

2人の記念に買うペアリング。

愛の誓い象徴で素敵ですね。

ペアリングの内側には刻印をすることが出来ます。

 

相手の名前を入れるならどう入れる?記念日も入れたほうがいい?

買ったその場で刻印を入れてもらうことは可能なの?

ということについて説明していきます。

スポンサードリンク

ペアリングの刻印に相手の名前をどう入れる?

まずはペアリング用の指輪を選びましょう。

気に入った指輪があったとしても、リングの幅が狭すぎる場合は、

刻印を入れる事ができませんので注意してください。

 

入れることが出きる刻印には文字数の制限があります。

制限はお店によって異なり、少ないところでは3文字

多いところでは30文字以上打つことが出来ます。

 

たくさんの文字数を入れることが出来た方が選択肢が広がるので、

何文字まで入れることが可能なのか、購入前に店員さんに聞いてみたり、

ネットで調べてみることをおすすめします。

 

名前を入れる場合、2人の名前を入れるケースが多いです。

そして文字数制限もあるので、一般的にはイニシャルですね。

 

一番簡単な方法は、

例えば、あなたの名前が「太郎(TARO)」

彼女が「花子(HANAKO)」だった場合は、

「T to   H」という刻印を彼女の指輪に入れてもらい、

「H to T」という刻印をあなたの指輪に入れてもらいましょう。

「太郎から花子へ」「花子から太郎へ」という意味になります。

 

イニシャルと言っても、下の名前だけのパターンが多いですね。

例えば、本名が「山田 太郎」と「田中 花子」であったとすると、

イニシャルが「T・Y」と「H・T」になります。

この場合、「T・Y to H・T」となり、ちょっと見づらくなりますし、

文字数もかさんでしまいますね。

下の名前だけの方がすっきり見えて良いと思いますよ。

 

他には以下のようにメッセージを一緒に入れる場合もあります。

「FROM  TARO  WITH  LOVE」 (太郎より愛をこめて)

スポンサードリンク

「TRUE LOVE TARO & HANAKO」 (太郎と花子の愛は真実)

 

入れる刻印の文字は自分で自由に決めることが出来ますので

英語だけじゃなくて、フランス語、イタリア語など言語を変えることも

可能です。自分の気に入った響きを探すのもいいでしょう。

 

ペアリングの刻印に記念日をどう入れる?

指輪の刻印には、名前と一緒に記念日を入れる場合が多いです。

僕も2人が付き合いだした記念日を入れています。

 

たとえば2015年度の10月21日が記念日だった場合は、

2人の名前の前に、以下のうように日付を入れます。

 

「2015.10.21」

「2015-10-21」

「21-10-2015」

「October 21,2015」

「October  21nd  2015」

などがあります。

下の方の、英語を使った日付は、文字数をかなり使ってしまうので、

入れる名前との文字数バランスを考える必要があります。

 

ペアリングの刻印はその場で入れることが出きる?

「せっかくペアリングを買いに行ったんだから、

その場で刻印を入れて欲しい

と思いますよね。

 

その場で2人の愛のメッセージを刻印したいのです。

では、できるのでしょうか?

お店によって、できるところと、出来ないところがあります。

 

可能なお店は「THE KISS」です。

THE KISSのペアリングはとてもスタイリッシュで人気があります。

ここは当日中に刻印を入れてくれるというサービスをしています。

ですので、遠距離恋愛している2人など、どうしても

当日に刻印が必要な場合は非常に便利です。

 

かかる時間は10分~30分程度です。あっという間ですね。

その間、他のお店を覗きに行ってもいいですし、食事に行くのもいいですね。

 

逆にTIFFANY(ティファニー)などの高級ブランド店は、

刻印に時間がかかります。およそ2~4週間は必要です。

ですので、記念日当日に刻印入りのペアリングが欲しい場合は、

事前に購入して、刻印をお願いしておき、

当日お店に受け取りにいくのがよいでしょう

 

お店によって対応が違いますので、当日刻印を入れることが可能か

どうかは、お店の店員さんに聞くのが一番ですね。

 

まとめ

ペアリングの刻印を見るたびに、お互いの愛を確認できます。

せっかくの記念なので、思い出に残る記念の指輪にしましょう。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ