食べ過ぎたのに翌日に体重が減るのはなぜ?太るのはいつ?

082283

前日の夜に食べ過ぎたんだけど、

朝起きて体重を計ってみたら、

「あれ!?体重が減ってる?」

って驚いた経験あると思います。

どうしてこのような不思議な現象が起きるのか?太るのはいつ?

ということについて説明していきますね。

スポンサードリンク

食べ過ぎたのに翌日に体重が減るのはなぜ?

僕も経験ありますが、前日にたくさんたべたのに、

次の日の朝には逆に体重が減っていた・・

体重計が壊れたのか?と思って何度見ても同じ数値です。

 

その理由は人間は寝ている間に水分を失っているからです。

  • 呼吸中の水蒸気
  • 尿

このような形で水分が少しずつ体内から失われています。

基本的に寝ている間は水分の摂取はありませんから、減る一方ですね。

 

どれくらいの量の水分を失うのかといえば、寝ている間には500mlです。

途中でトイレに起きた場合は、1000mlになることもあるでしょう。

結構な量ですね。

1000mlといえば、単純に体重1キロ減っているわけです。

 

さらに寝ている間だけじゃなく、起きている間にも水分を失っています。

スポンサードリンク

同じように呼吸もしていますし、汗もかきますからね。

その水分損失量は一日で2000mlと言われています。

 

個人差がありますので、多く失う人もいれば、それほどでもない人もいます。

ですので、朝起きて体重計に乗ったら前日より減ったいた、

ということは珍しいことではありません。

 

食べ過ぎの翌日は太るの?

では食べ過ぎた翌日は太ってないの?

でもこれだけ食べたんだから、いつかは太るでしょ?

と疑問ですよね。

 

実は、食べ過ぎても1日や2日での体重の変動はほとんどありません。

大量に食べても、基礎代謝で燃焼してしまうからです。

仮に、ものすごい食べ過ぎたとしても、脂肪分として

体に残るのは100g程度と言われています。

 

ですので、一日ぐらいどか食いしても太らないってことですね。

ただ、それを毎日続けると問題です

食べ過ぎを続けると、胃がどんどん大きくなってしまうのです

胃が大きくなると、満腹感を感じるまで時間がかかるため、

たくさん食べてしまうことにつながります。

ですので、腹八部目で抑えることが大事ですよ。

 

また食べ過ぎることで、成人病、糖尿病などの病気になる恐れがあります。

食べ過ぎた次の日は食べる量を減らして、

上手にコントロールすることが大切です。

 

まとめ

食べ過ぎた次の日に体重が減ってしまうのはよくあることです。

ですが、食べ過ぎ自体、体にあまりいいことではありませんので、

翌日は内蔵を少し休ませてあげたり、

消化の良い物を食べるなどのケアが必要です。

それではおいしい食事を楽しんで下さいね♪

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ