正月太りが戻らない!?原因と解消方法をご紹介

266360

お正月はついつい食べ過ぎてしまいます。

料理もおいしいし、仕事も休みだからゴロゴロしながら

食べ放題♪でも、それではいけません。

正月太りになってしまいます。体重が元に戻らないと大変です。

原因解消方法を説明していきますね。

スポンサードリンク

正月太りが戻らない

お正月に太ってしまう人はとても多いです。

かくいう僕も毎年、2キロほどは太ってしまいます。

休みが8日間もあるので・・

 

中には3キロ、4キロと太ってしまう人もいるようです。

これを元に戻すのはけっこう大変なんですよね。

1ヶ月たっても2ヶ月たっても全然戻らない場合もあります。

太るのは簡単だけど、痩せるのは本当に大変です。

 

正月太りの原因は何?

正月太りの原因はいろいろあります。

紹介していきますと、

  • お菓子を毎日食べる
  • よく寝る
  • 年末の仕事のストレスからくる暴飲暴食
  • 夜遅い晩ごはん
  • 止まらない間食
  • 運動不足

が挙げられます。

 

食べ物にも原因がありますよ。

特に、お餅のカロリーはご飯より高いです。

お正月はおもちをいくつ食べますか?お雑煮に3つくらいは入れますよね?

他にもきなこもちにしたり、焼いてお醤油をかけたり

とにかくたくさん食べるはずです。

 

カロリーが高いので、食べ過ぎると簡単に

脂肪となって体に蓄積されてしまいます。

 

それと、おせち料理

おせち料理は糖分、塩分、カロリーが高く

たくさん食べれば簡単に太ることが出来ます。

 

さらに加えて、超運動不足

朝起きてから一歩も家を出ない日もしばしば。

それでも食事はしっかり食べますよね。

 

小腹がすいたら間食も止まらないし、昼間っからビールも飲み放題。

仕事のストレスから来る食欲も高まるため、これで太らないわけがありません。

 

では、お正月に太ってしまった体重をどうやって

元に戻していくのかを説明していきますね。

 

正月太りの解消方法

お正月太りを解消する方法は次の3つをしっかり守れば

スポンサードリンク

確実に体重を減らすことが出来ます。。

それは

  1. 腹八分にする
  2. 夜7時以降食べない
  3. 運動をする

それぞれ説明していきますね。

 

腹八分にする

これはすっごく大事です。僕も今まではいつもお腹が

いっぱいになって、パンパンになるまで食べていたんです。

そう、食べ過ぎてもう動けない、って言うくらいまでいつも食べてました。

 

それを「腹八分」にしたら、2週間で2キロ痩せましたよ。

さて、この腹八分。

分かる人とわからない人がいます(笑)

 

僕の近くに太っていて、痩せようという気持ちを持っている人がいます。

「腹八分にしたら?」とアドバイスしたんですが、

「腹八分なんてわかんないよ」と言われてしまいました。

でも、それではいけません。

 

腹八分とは満腹感を感じるちょっと前の状態です。

そこで食事をやめる習慣をつけるのです。

習慣がつけば、腹八分でも十分に満足出来るようになります。

 

そして、胃の大きさも次第に小さくなっていくんですよ

胃が小さくなれば、少量の食事でも満腹感を味わうことが出来るのです。

 

夜7時以降食べない

人間は食べたものを消化するのに時間がかかります。

寝る前に食べると、食べ物を完全に消化する前に寝ることになります。

消化されない食べ物は中性脂肪へと変わっていくのです。

ですので、夜寝る前には食事をしないほうが良いと言われています。

 

寝る3時間前は食べないほうが良いとされていますが、

ここは頑張って夜7時以降は食べない、としてください。

おなかが減った場合は、ミルクティーなどの飲み物と

チーズをつまむ程度にしておきましょう。

 

運動をする

上記2つにこの「運動をする」を加える事ができれば、

体重は簡単に戻すことができるでしょう。

運動の種類としては、ジョギング腹筋など簡単にできるものがありますが、

1人ではどうしても途中で心が折れてしまいます

辛い運動を続けてこなすには、仲間が必要です。

 

運動をするためにはジムに通い、トレーナー

ついてもらうのが一番です。

トレーナーはあなたと一緒に頑張ってくれます。

2人でトレーニングをすればくじけることがないので、

体重を戻すことが出来ますよ。

 

まとめ

お正月太りを解消するためには、食生活を見直し、

運動をする必要がありますね。それができれば、

1ヶ月もあれば元に戻すことが出来ますよ。

僕も応援しています。頑張ってください!

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ