おせち料理を食べる理由は?具材の意味や豆知識について

eaf0a9ab95c4f73f1d830a2ddd338ab4_s

お正月にはおせち料理

たくさんのおいしいものをお腹いっぱい食べてください。

ところで、おせち料理ってなんでお正月に食べるようになったの?

その意味は?具材一つ一つに意味があるって本当?

正しくはいつ食べるの?ということを説明していきますね。

スポンサードリンク

 

おせち料理を食べる理由は?

昔は、年が明けて3日間は家事をしないという風習がありました。

その理由は、かまどの神様を3日間は休ませてあげるためだったそうです。

 

そのため、日持ちする料理をたくさん作って、

食事に困らないようにしたと言われています。

昔は冷蔵庫もなかったため、魚などは乾物を使っています。

普段は使わない塩漬けや食材の組み合わせなどは、

食べ物が腐らないようにするための知恵だと言われています。

 

おせちの具材の意味は?

おせち料理にはさまざまな具材が使われています。

そして具材ごとにダジャレの如き意味がついているのも面白いですね。

その具材と意味を紹介していきます。

スポンサードリンク

 

黒豆
マメは健康を表す食べ物。黒く日焼けするほど元気にマメに働こう
田作り
イワシを畑の肥料にしたら大豊作だったことから、五穀豊穣の願いを込めてます
数の子
子供がたくさん生まれますように。子孫がいつまでも繁栄しますように
紅白かまぼこ
初日の出をイメージしていて、紅の部分は魔除け効果があり、白はお清めの意味がある
栗きんとん
栗は「勝ち栗」といって、勝利に通じると言われています。きんとんとは漢字で「金団」と書き、金の布団のことを意味しています。豊かさと勝負運を願っています
伊達巻
巻物は書物を連想させます。学問や教養をしっかり身につけることが出来るように
ブリの焼き物
ブリは出世する魚と言われています。ブリを食べてどんどん出世していきましょう
鯛の焼き物
鯛といえば、やっぱり「めでたい」おめでたいお正月にかかかせません
海老
海老のように腰が丸くなって曲がってしまうまで長生きしましょう
れんこん
穴が開いている事で、未来などの先を見通せるように
昆布巻き
「喜ぶ」の”こぶ”にかけて、健康長寿を祈願しています。
錦玉子
黄身と白身の2色の卵は「金」と「銀」の象徴。2色(にしょく)を錦(にしき)と語呂合わせしているとも言われています

 

おせち料理の豆知識

もともとはおせち料理は「御節料理」と書き、季節の変わり目の

お供物でした。それがやがて、お正月の祝儀料理に変わっていきました。

 

おせち料理は一般的には年が明けた「元旦」から食べます。

ですが、家庭や土地によって異なっています。

 

大晦日の晩に「年取りの晩」と言って、子供たちが1歳年をとって、

大人になることを祝って、みんなでおせち料理を食べる家庭もあります。

 

おせち料理の内容は縁起物ばかりで、一年の幕開けにふさわしいものと

なっています。元旦から食べてもよし、年越しから食べても良しです。

おいしいおせち料理を楽しんで下さいね。

 

まとめ

おせち料理は昔の人がいろいろと考えた、

縁起のいい食べ物が沢山詰まっています。

しっかりと食べて、新年を新しい気持ちで迎えて下さいね!

新年も頑張りましょう!

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ