年越しそばの具材にニシンを入れるの?その意味は?

7efcc8691eb36d94a1ada032233fc29c_s

大晦日は大掃除を終わらせて、紅白歌合戦でも見ながら、

年越しそばを食べていることでしょう。

ところで、年越しそばの上の具材って何を乗せていますか?

ニシンを入れるそばがあるの?その意味は?

ということについて簡単に説明していきますね。

スポンサードリンク

 

年越しそばの具材は何?

年越しそばに入れる具材は大きく分けて、関東と関西で異なっています。

関東だと、汁の味は濃い目で、えび天が乗っていることが多いですね。

ダシは鶏ガラでとっていますし。

 

ほかには、かき揚げ、あげ、おもち、かまぼこ、ネギなどが多いようです。

 

もともと、年越しそばを食べるのは、

「そばの麺のように細く長く、健康でいたい」

「切れやすいそばの麺のように、厄災を払いのけたい」

などを祈願しているからなんです。

 

なので、意味があるのはそばの麺の方なので、上にのせる具材は

好きなものを乗せて食べても、何も問題はありません。

 

中には「ジャストそば」な人もいます。

なにも上に具材を乗せず、ただの素のそばを楽しむ、ということですね。

 

また、ざるそばでもかけそばでもどちらでも問題はありません。

ですので、年末に年越しそばを食べる場合は、

好きにトッピングをして大丈夫ですよ

関連記事年越しそばは温かいのと冷たいのどっち正解?意味や由来も解説します

スポンサードリンク

年越しそばにニシンを入れる?

関西地方ではそばにニシンを入れて食べる家庭が多いようです。

私は初めて聞いた時、結構驚きました。

甘露煮になったニシンがまるごと一匹入っています

 

もともと、このニシンは北海道で取れたものだったそうです。

北海道は江戸時代より、ニシン漁で栄えていました。

ニシンが大量に取れた時代があったんです。

ニシンで大儲けした漁師が「鰊御殿(にしんごてん)」を建てたことも

有名な話です。

 

当時は冷蔵庫はまだなかったので、長期保存するためには、

身欠きニシン(ニシンの干物)に加工していました。

 

加工された身欠きニシンは船で本州に運ばれて、京都まで出荷されていました。

そこで乾燥させられたニシンを元に戻し、そばの上に

乗せていたのが始まりだと聞いています。

 

年越しそばにニシンを入れる意味は?

もともと、京都は海から離れているため、

魚類を食べる機会が少なかったと言われています。

それが、身欠きニシンの登場によって手軽に食べることが

出来るようになったんですね。

 

身欠きニシンは動物性タンパク質が豊富なため、貴重な食材でした。

それをそばと混ぜてみたところ、食べている最中にニシンの旨みが

つゆに染み出していき、次第においしくなる、ということで

有名になり広まっていきました。

 

それ以来、関西地方では「にしんそば」はかなりメジャーになったようです。

なので、にしんをそばに入れた意味は、効率よくタンパク質を摂取するため

だったといえるのではないでしょうか?

 

まとめ

年越しそばの具材は、ぶっちゃけ美味しければ何でもいいんです。

えび天でもニシンでも大丈夫。自分なりのアレンジで美味しい蕎麦を作って、

気持よく新年を迎えて下さいね。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ