食器洗い機ってぶっちゃけどう?メリットとデメリットを簡単に説明

‚Ó‚Ë

「食器洗い機ってあったら便利じゃない?」

人間の叡智が生み出した食器洗い機。

じゃあみんな使っているの?というと、持っていても

使っている人と、ほとんど使っていない人に別れます。

 

食器洗い機ってぶっちゃけどうなの?メリットは何?

デメリットってあるの?ということについて説明していきますね。

スポンサードリンク

 

食器洗い機ってぶっちゃけどう?

では食器洗い機って使ってみてぶっちゃけどうなのでしょうか?

基本的に食器洗い機は大量の食器を一度に洗えるのが魅力です。

 

少量の食器しかない場合は、手で洗ったほうが早いですからね。

逆に言うと、食器洗い機の性能を最大限に活かすためには

食器洗い機の中が一杯になった状態を作り出す必要があるわけです

 

なので、家族が多く、食器が多い場合は向いているといえますね

それに電気代、洗剤代、水道代を含めると手洗いよりも

安く上がるとも言われています。

 

洗うのが水ではなくて「お湯」というのも特徴的です。

温度は70度もあるので、素手では洗えない温度ですね。

なので、油汚れも手洗いよりもよく落ちると言われています。

 

考え方としては「食器を洗う洗濯機」と考えると良いでしょう。

夫婦共働きの場合などは、朝、食事を作った後に忙しく洗う時間が

ありません。そんな時には適しているといえます。

 

食器洗い機は専用の洗剤を使う必要があります。

他の手洗い用の洗剤は使うことが出来ません。

 

また、フライパンや鍋などの大きなものは入りにくく、

手で洗ったほうが早いです。

 

食器洗い機のメリットは?

では実際に食器洗い機を使っている人が感じているメリットを

紹介していきますね。

・洗剤を使用することによる手荒れがなくなった
・食器を洗うのに使っていた時間を他の時間に使うことが出来る
・高温で洗うので、油汚れも綺麗に落ちる
・ジャムやソースを作るときに、使用するビンの煮沸消毒にもなる
・高温洗浄なので衛生面で安心できる
・気軽に食器が使える
・水道・ガス代が少し減った
・余った時間で料理をもう一品作ることが出来る

 

なんといってもメリットは時間短縮が大きいようです。

スポンサードリンク

その空いた時間を利用してテレビを見たり、

もう一品料理を作ったり、子供たちと遊ぶ時間も出来ます。

 

食器洗い機専用の洗剤は高いですが、一度に少量しか使わないので、

手洗いよりも経済的だと言われています。

 

また、水道代の節約も大きいですね。

手洗いですと、どうしても必要以上に水を使いってしまいがち

なのですが、食器洗い機では決まった水量しか使いません

年間で考えると、相当な差が出てくるでしょう。

 

あとは衛生的、というのも魅力の1つです。

高温で洗うので、汚れもすっきりと落ちるイメージが有りますよね。

 

ストレスから開放されるのも大きいでしょう。

食後に1人でぽつんと食器を洗っているのは寂しいし、

ストレスになりますから、面倒な食器洗いは機械におまかせです。

 

食器洗い機のデメリットは?

逆に、食器洗い機をそれほど使用していない人たちにはそれなりの

理由(デメリット)があります。それを挙げていきますね。

・使う食器が限られる(金縁のものは使えないなど)
・塗り箸がはげる
・食器が足りなくなる
・たまに洗浄不足の食器がある
・洗浄時間が長い
・食器のセットがめんどくさい
・お皿が割れやすくなったり、柄や模様が消えることもある
・耐熱性の無い素材のものは洗えない

 

うまく使用できると便利な食器洗い機ですが、万能というわけではありません。

洗えない食器も存在しています。

また、洗うことで傷んでしまう場合もあるんですね

 

実は、私も食器洗い洗浄機が家にあるのですが、全然使っていない派なんです。

その理由としては「セットがめんどくさい」ということが挙げられます。

なにより、2人暮らしなので、一度の食事でそれほどたくさんの食器は

使わないんですね。なので、手で洗ったほうが早かったんですよ。

 

まとめ

食器洗い機のメリット、デメリットについていかがだったでしょうか?

大量の食器をまとめて一度に洗うのが魅力の食器洗い機。

だけど、少量ならば手だ洗ったほうが早い時もあります。

自分の環境に応じて購入するかどうか考えてみてくださいね。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ