お歳暮のお礼は電話がいいの?手紙?メールでも大丈夫?

aad2ab01d804b51c014faf0f5529eea5_s

お歳暮を頂いたら、お礼をしなければいけません。

それがマナーですからね。

ではお礼の方法はどれがいいのでしょうか。

電話がいい?それとも手紙?メールでも大丈夫?

ということについて説明していきますね。

スポンサードリンク

 

お歳暮のお礼は電話がいいの?

私も年末にはお世話になった方々に「お歳暮」を贈ります。

今は昔と違って、お歳暮の風習は小規模になってきている気がしますね。

 

お中元とお歳暮の両方を出していたところをお歳暮だけにしたり、

もともと付き合いが浅かった方にお歳暮を

贈るのはやめた、と言う話も聞きます。

 

さて、そんな中で実際に私がお歳暮を贈った場合、

お礼の半分は電話で来ます。

 

電話では相手の声を直接聞くことも出来ますし、お礼以外の

近況を聞いたり、お話をするきっかけになります。

それに、多忙な時は手紙を書いている時間もありません。

手紙を出すとなると、封筒や便箋を買ってきて、

郵便局に行く必要も出て来ますね。

 

それに比べると、電話1本でお礼の気持を伝えるのは楽ですよね。

しばらくお話していなかった知人から方から

電話がかかってくるというのは嬉しいものですよ。

 

相手が留守だった場合

お礼の電話をかけても、常に先方が出てくれるとは限らず、

留守電になってしまうこともあります。

そういう場合は、留守電にメッセージとしてお礼を入れておきましょう。

 

◯◯です。

先日は、結構な品物をいただきまして、ありがとうございます。

早速みんなでおいしくいただきました。

△△様もお体に気をつけてお過ごしくださいませ。

スポンサードリンク

それでは失礼致します。

 

こんな感じの例文で大丈夫でしょう。

そして、後日どこかでお会いした時にでも改めて

「先日は、結構なものを贈っていただきありがとうございました」

とお礼をしておくと良いでしょう。

 

お歳暮のお礼は手紙がいい?

「お手紙をいただくと嬉しい!」

という方が多いのが日本人です。

お手紙で丁寧にお礼をいただくと、とてもほっこりした気持ちになるし、

封筒が可愛らしかったりすると、なんだか嬉しくなりますよね。

 

お礼状を手紙にするメリットは、電話と違い、

「時間を選ばない」

というところにあります。

 

電話ですと、相手が働いている場合、帰宅が夜遅くなってしまう

場合もありますよね?夜遅くに電話をかけるのは失礼です。

手紙はいつでも気持ちを届けることができるので

とても役に立つツールと言えます。

 

そして、お歳暮を頂いた時の正式なお礼の仕方は、実は手紙なんですよ。

手紙で丁寧に感謝の気持ちを書いて贈ってあげて下さいね。

 

ただ、相手方とかなり親しく、常日頃からよく会う機会が多い場合などは、

手紙だと返って慇懃無礼(丁寧すぎて逆に失礼になること)になる

かもしれませんので、時と場合に応じて使い分けることが重要です。

 

お歳暮のお礼はメールで大丈夫?

メールはかなり略式なものです。

お礼の正式度から言えば、

手紙>電話>>>>メール

って感じですね。

 

メールで送る場合は「届きましたよ」っていう確認の意味合いに

とどめておき、後日改めて正式に手紙でお礼をすることをおすすめします

 

ただ、相手によっては「この無礼者!」と思われる可能性も

ありますので、メールでのお礼はあまりおすすめしません。

 

まとめ

お歳暮のお礼に関していかがだったでしょうか?

個人的には電話で十分な気がします。気持ちがストレートに伝わるし、

相手とお話できるのが嬉しいですからね。

TPOの見極めがポイントですね。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ