人間ドックは何歳から?費用は?時間はどれくらいかかる?

ƒJƒ[

「そろそろ、健康状態を本格的にチェックしようかな・・」

そんな時は人間ドックです。

健康診断より検査項目が幅広く、より深く、丁寧に、

検査をすることが出来ます。

 

ところで、人間ドックは何歳から受けれるんでしょうか?

また、かかる費用はいくらくらい?検査に何時間かかるの?

ということについて説明していきますね。

スポンサードリンク

 

人間ドックは何歳から受けれる?

なんとなくイメージとして、人間ドックを受けに行くのは

”40代以降”という感じがありませんか?

私は以前はそう思っていました。

というか、もっと高齢な50代、60代の方が体の

精密検査をするために受けるものだと思っていたんです。

 

ですが、実際には人間ドックには何歳からという年齢制限はありません。

早い人では20代から受診される人もいます。

 

また、会社の健康保険組合によっては定められているところもあります。

例えば、30歳の時に1回受けて、次は35才から毎年受けるとか。

 

ただ、人間の体は40歳を超えると生活習慣病のリスクが高くなってきます

ですので、人間ドックに何歳になったら行くか?というのは

40歳を1つの目安にすると良いかもしれませんね。

 

人間ドックの検査は健康診断よりももっと本格的な検査になります。

例えば、脳や心臓についての検査ですね。

脳梗塞を調べたり、心筋梗塞にかかる危険性を調べます。

 

かなり細かい検査になりますので、何か病気の予兆のようなものが

あった場合、早急に発見することが出来ます。

 

「なんか、最近理由はわからないんだけど体調が悪い」とか、

「最近はずーっとストレスが続いて、調子が悪い」とか

自分の体の状態が心配な場合は、一度受けてみるのもいいでしょう。

 

人間ドックは一種の保険のようなもので、一度受けて特に

異常がなければ、また次の一年間を安心して過ごすことが出来ます。

 

結果を見て、悪かった場合は、食生活、生活習慣を

改善していきましょう。

スポンサードリンク

人間ドックにかかる費用は?

まず、最初に言っておきますと人間ドックには

健康保険は適用されません。

 

なぜなら、保険が適用されるのは、

「病気である」とわかった状態で病院に行くときだけだからです。

健康診断や人間ドックは病気かどうかわからない状態で検診するので、

保険の適用にはならないのです。

 

検査の内容が多いだけに、費用も高額になります。

一般的に言われているのは4~5万円です。

 

人間ドックの特徴はオプションとして自分が気になる

検査項目を追加できるところです

 

当然、検査項目を追加されば料金も追加されていくので、

基本的な検査項目に加えて、CT検査やMRI検査などを加えると、

10万円を超えることもあります。

 

ただ、会社に健康保険組合によっては、医療費よりも予防費の方が

安く済むと言う考え方から、人間ドックを勧めていて、

費用を一部助成してくれるところもあるようです

 

もしくは会社が何かの福利厚生団体に加盟している場合、

そこから助成金が出る場合もありますので、調べてみると良いでしょう。

 

人間ドックにかかる時間は?

人間ドックにかかる時間は検査項目の数にもよりますが、

一般的には5時間程度と言われています。

検査内容が増えると1日コース、お泊りして2日コースも存在します。

 

なので、午前中に行ったとしても終わるのは3時頃なので

その日一日はお休みにしたほうがいいですね。

 

ただ、最近の風潮としては、拘束時間が長いのは患者さんの負担

なるのでは?という考え方が広まってきています。

検診の前は当然ながら食事を抜いているわけですし、

時間が長くなればなるほど、大変ですからね。

なので、比較的スムーズな人間ドック検診になることが予想されます

 

まとめ

人間ドックについていかがだったでしょうか?

健康診断よりも本格的に自分の体の状態について知ることが出来ますので、

40代の方はぜひ一度受診されることをおすすめします。

高いけどね・・・

※健康診断に関する記事はこちらにまとめてあります。

まとめ 健康診断に関する記事一覧まとめ

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ