カイロを背中に貼る位置は?お腹の場所は?低温火傷の症状って?

097903

寒い時に重宝するのが「カイロ」

小さいのに温めるパワーは抜群です。

カイロは背中に貼るならどの位置がいい?

お腹に貼るならどの場所?低温火傷の症状ってどんなの?

について説明していきます。

スポンサードリンク

カイロを背中に貼る位置は?

カイロを貼る場所で効果的なのは、体の中心部と言われています。

実際に冷えやすいのは手先、足先なんですが、そこよりも

太い血管が集中している体の真ん中辺りを暖めるのです

 

すると温められた血液が体を巡っていき、手先、足先まで流れていき、

やがて体全体の体温が上がるようです。

 

カイロを背中に貼るときに効果的な場所は、

腰の部分で、お尻の割れ目の上の当たりがいいでしょう。

ここから足の先に向かって太い動脈が流れています。

 

あとは肩甲骨の間も効果的です。

なぜかというと、肩甲骨間の奥には心臓があるからです。

心臓に近い位置に貼ることによって、心臓自体を温めます

ですが、心臓は温めすぎると心拍数が高くなって、

呼吸が苦しくなってしまうことがありますので、注意が必要です。

 

お腹にカイロを貼る場所は?

なぜお腹に貼るのがいいのかというと、お腹には内蔵があるからです。

内蔵を暖めると、体全体が温まりやすくなると言われています。

 

お腹の当たりを触ってみるとわかると思いますが、

おへそ下の部分が一番冷たいと思います。

ですので、そこにカイロを貼るようにしましょう

 

ですが、体型が太めでお腹、下腹部の当たりに

脂肪が多い方は温まりにくいです

スポンサードリンク

それは脂肪の壁が邪魔をして、血管まで熱が伝わりにくいからです。

「お腹に貼ってるんだけど、あまり効果ないわ」と感じた場合は、

上記のように、背中の方にカイロを貼るようにしてみてください。

 

カイロで低温火傷したときの症状は?

貼るカイロですが、長時間貼り続けていると低温火傷をおこします。

カイロの発熱する温度は最大で80度近くにもなります。

何時間、という具体的な時間は言えませんが

6時間以上を超えると危険な場合があります。

 

カイロは低温火傷になりやすいと言われていますが、

その原因はなんでしょう?

 

それは、カイロの持つ性質にあります。

カイロは最初は温度は低く、使用しているうちに徐々に熱を帯びて

いく仕組みになっています

だから自覚症状が出にくいんですね。

 

低温火傷による症状は、

  • カイロを貼っていた部分が赤くなる
  • 水ぶくれ
  • 皮がむける

などが起こります。

 

そして、この低温火傷による症状は治るまでに

数週間はかかる場合があります。

 

低温火傷が起こらないようにするためには、

カイロを体に長時間密着させないことが大事です。

もちろん、貼るカイロは基本的に服の上から貼るものですが、

それでも長時間、同じ位置に貼り続けるのは避けましょう。

 

1時間おきに場所をずらしたり、肩からベルトで

吊るしたりして回避するようにしてください。

 

また、低温火傷防止のためにも、寝るときは必ずカイロを剥がしてください

一度寝てしまうと6~8時間はつけっぱなしになってしまうので、

低温火傷をしてしまう可能性がありますので気をつけて下さいね。

 

まとめ

カイロはお腹側でも背中側でもどちらに貼っても効果はあります。

とても寒い場合は両方に貼ると良いでしょう。

ただ、くれぐれも低温火傷には注意してください。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ