忘年会で幹事の挨拶の例文、ご厚志披露のタイミングと中締めの挨拶

27517cf056734bc9b4d5f81e0ee065e0_s

一年の疲れをねぎらう忘年会。

幹事は会をスムーズに進行するため、挨拶をしなければなりません。

始まりの挨拶、ご厚志披露のタイミング、中締め時の挨拶などの

例文をいくつかご紹介しますね。

スポンサードリンク

 

忘年会で幹事の挨拶の例文

まずは忘年会で幹事の挨拶はいつあるのでしょうか?

幹事の挨拶は最初最後にあります。

乾杯や締めの挨拶は偉い人の仕事なので、

うまく振ってあげるのが幹事の挨拶となります。

 

幹事の挨拶のポイントとしては、

「わかりやすく、短く」です。

長い挨拶は偉い人に任せて下さい。

 

例としては、

「今年も無事に忘年会ができました。楽しく食べて、飲んで、一年間の苦労を忘れましょう。それでは、◯◯さんに乾杯の音頭をお願いします」
「皆様、本日は寒い中、忘年会にお集まり下さいましてありがとうございます。それでは乾杯の音頭を◯◯社長にお願いしたいと思いますので、グラスを持ってご起立ください」
「今年は猛暑や大雨など、異常気象で大変な一年でした。新年に向かって気持ちも新たに前進できますよう、本日は大いに飲んで盛り上がりましょう」
「今年もこうして皆さんと一緒に忘年会に参加できることを嬉しく、感謝しています。来年もいろいろあるかと思いますがまた頑張っていきましょう」

 

その時に一緒に当日のプランの説明もするといいでしょう。

「本日は◯◯時までとなっております。

飲み放題ですので好きにご注文ください」

と一言付け加えてあげると、参加者は忘年会の大体のイメージが掴めます。

 

最初の挨拶が終わり、乾杯をして忘年会は始まります。

終わりが近づいてくると今度は中締めの挨拶となります。

実際に挨拶をするのは、やはり偉い人なので、幹事のあなたは

お願いするだけで大丈夫です。

スポンサードリンク

 

「宴もたけなわではございますが、ここでお時間となってしまいました。◯◯さんから締めのごいさつをお願いします」
「はい、皆さん!盛り上がっているところ失礼致します。そろそろお時間ですので◯◯さんから一言ご挨拶いただきます」

 

そして偉い人(上司)が挨拶をして会は終了に向かいます。

挨拶を上司にお願いする際には、事前にしっかりと伝えておくことが必要です。

突然頼まれたらびっくりしてしまうし、失礼に当たりますからね。

乾杯の挨拶、締めの挨拶などを事前にお願いしておき、

当日も会が始まる前に軽く確認しておくとよいでしょう。

関連記事歓迎会で幹事になった。挨拶の仕方や乾杯の例文集

 

忘年会で幹事の挨拶でご厚志披露はいつ?

ご厚志を頂いている場合、披露するタイミングは、

はじめの幹事の挨拶の時に一緒にするのがいいでしょう。

 

「本日はお忙しい中、忘年会に参加いただきましてありがとうございます。宴会に先立ちまして、頂いているご厚志を披露させていただきます。◯◯様、◯◯様・・ありがとうございました。それでは忘年会を開始したいと思います」

 

忘年会で幹事の挨拶で中締めのあとは?

中締めをしたあとは会は終わりに向かっていきます。

そして会の終わりには、幹事は次の案内をしなくてはなりません。

「ここでお時間となってしまいました。このまま二次会へ行かれる方は◯◯店に向かってください。家路につかれる方はお気をつけてくださいね」
「こちらは◯時までとなっています。この後に二次会を用意していますので、お時間のある方はぜひこの後もお願いします」
「それでは、このへんで忘年会をお開きにさせていただきます。お忘れ物のないようお気をつけ下さい。二次会として◯◯に予約を取ってありますので、ぜひご参加願います」

 

忘年会の終わりでは、みなさんかなりお酒に酔っていますので

それほどカチッとした挨拶じゃなくても大丈夫です。

 

まとめ

忘年会の幹事はお酒を飲んでも飲まれないように気をつけなくてはなりません

挨拶以外にも何かと仕事が舞い込んでくる可能性もあるからです。

当日のちゃんとした挨拶は偉い人がしてくれますので、

うまく振ってあげて、スムーズな忘年会にして下さいね。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ