クリスマスの曲で定番なものを洋楽や邦楽、クラシックからご紹介!

christmas-615923_640

クリスマスパーティの際、雰囲気を盛り上げるのに

欠かせないのが「クリスマス音楽」

クリスマスをテーマにした曲はたくさんあるので、盛り上がる定番の

洋楽、邦楽やクラシックをご紹介しますね!

スポンサードリンク

 

クリスマスの曲で定番な洋楽は?

クリスマスが近づいてくると、ワクワクしてきます。

町全体がクリスマスムードになって、テンションが上ります。

子供の時もそうでしたが、大人になってからでもクリスマスソングを

耳にすると、興奮するものですね

定番中の定番のクリスマスソング洋楽編をご紹介します。

 

ラスト・クリスマス : ワム

日本ではフジテレビのドラマ「ラストクリスマス(主演:織田裕二)」

の主題歌として使われてから、爆発的にヒットしました。

それ以来、12月になると毎年必ずかかる曲になったのです。

 

日本のアーティストにも絶大な人気があり、松田聖子、古内東子、

押尾コータローなどがカバーをしています。

恋人たちのクリスマス : マライア・キャリー

アカペラから入り徐々にテンションを上げ、一気に最高潮に達する曲。

こういう曲の入り方大好きです(笑)

クリスマスのワクワク感が見事に表現されているんですよね

 

歌詞の内容としては「クリスマスプレゼントなんていらないわ。

サンタクロースに運んできて欲しいのは恋人なのよ♡」という曲。

この曲も日本のドラマ「29歳のクリスマス(主演:山口智子)」の主題歌と

して使われ、洋楽シングルとしてはミリオン・セラーを記録。

マライアの曲の中でも非常に人気の高い曲です。

ママがサンタにキスをした : ジャクソン・ファイブ

歌詞の内容はタイトル通り、ママがサンタクロースをキスをしていたのを

子供が目撃してしまう。それをパパに話してあげようとする、

可愛らしい子供と幸せな家族の物語。

もちろん、ママがキスをしていた相手はパパですよ(笑)

 

この曲はアメリカの高級百貨店で数十年間もの間、

クリスマスのコマーシャルに使われていました

曲はこちらから無料で聞くことが出来ます。

ママがサンタにキスをした

 

ハッピークリスマス : ジョン・レノン

ジョン・レノン&オノ・ヨーコが作曲したクリスマスの定番ソング。

歌詞はクリスマスの内容だけにとどまらず「戦争をやめよう」という

平和へのメッセージが込められています。

1971年に発表された曲ですが、未だに多くのシーンで

使われることが多い人気曲です。

ハッピークリスマス(戦争は終わった)

 

クリスマスの曲で定番の邦楽は?

邦楽も負けてはいません。クリスマス・ソングといえばこれだっ!

という曲を幾つかご紹介していきますね。

 

恋人がサンタクロース : Flowerカバーバージョン

もともとは松任谷由実の楽曲です。

スポンサードリンク

映画「私をスキーに連れてって」の主題歌ともなった曲。

邦楽でクリスマスの定番曲といえば、この曲は絶対に外せませんね。

 

非常に人気が高く、国内でも数々のアーティストがカバーをしています

Flowerもそうですが、他には松田聖子、島谷ひとみ、奥居香などですね。

このバージョンはちょっとダンステイストに仕上がっていますよ。

ダンスを踊るにもいいかもしれませんね。

クリスマスイブ : CHEMISTRYカバーバージョン

原曲は山下達郎さんです。

当初は人気がそれほど出ず、売れ行きも良くありませんでしたが、

JR東海のCMに使用されてから、一気に人気が急上昇!

毎年クリスマの時期になると、チャートインしてくるほどの、

根強い人気のある曲です

 

このバージョンはCHEMISTRYがカバーしています。

2人のハモリがとても美しいです!


 

この他にもクリスマス曲で定番の邦楽を紹介します。

「雪に願いを」 : 槇原敬之

「シンデレラ・クリスマス」  :  KinKi Kids

「クリスマス」  :  JUDY AND MARY

「Dear…again」  :  広瀬香美

「クリスマスキャロルの頃には」  :  稲垣潤一

「White Love」  :  SPEED

「DEPARTURES」  :  globe

「Winter again」 : GLAY

「粉雪」 : レミオロメン

 

クリスマスの曲で定番のクラシックは?

洋楽、邦楽だけじゃなく、クラシックにもクリスマスの定番曲があります。

クラシックも落ち着いて聞くときにはお勧めなんですよ。

 

そりすべり : ルロイ・アンダーソン

この曲、絶対に聞いたことあるはずです

テレビや映画でもよく使われていますからね。

12月が来たことを連想させる曲。

アメリカの「最も人気のあるクリスマス・ソング」に過去2回選出されています。

最後にトランペットで馬の鳴き声「ひひひひ~~ん」

表現しているところがナイスですね。

クリスマス・フェスティバル : ルロイ・アンダーソン

こちらも間違いなく聞いたことがあるクリスマスの名曲です。

クラシックでのクリスマスソングのまさに定番とも言える曲。

 

よく聞くと、この曲はメドレーになってるんです。

8曲のクリスマス・ソングをメドレーにしたのがこの、

「クリスマス・フェスティバル」です。

ルロイ・アンダーソン自体はそれほど名の知れた作曲家ではないようですが、

曲に関しては誰もが一度は耳にしたことのある有名曲ですね

 


他にもクラシックでクリスマスの定番曲を紹介します。

「樅(もみ)の木」 : シベリウス

「クリスマス協奏曲」 : コレルリ

「12月クリスマス」 : チャイコフスキー

 

まとめ

クリスマスの定番曲、いかがだったでしょうか?

邦楽洋楽クラシック問わず、クリスマスソングは

とてもテンションが上がる曲が多いですね。

今年のクリスマスもノリノリの曲で盛り上がって下さいね♪

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ