洗濯する際の柔軟剤の必要性は?効果はあるの?価格はいくら?

091963

さまざまな柔軟剤が販売されていますが、

本当に必要なのでしょうか?

普通の洗剤だけで十分なのでは?

柔軟剤の必要性と、その効果、価格までを解説していきます。

スポンサードリンク

洗濯する際の柔軟剤の必要性は?

まず、柔軟剤とはその名前の通り「洗濯物を柔らかくする」ものです。

普通に洗濯した場合よりも繊維が柔らかくなり、

あの「ゴワゴワ」した感じが軽減されます。

 

固い服よりは柔らかい服を着たいですよね。

日本における柔軟剤の市場規模は1000億円を超えるとも言われています。

年々消費傾向は増加しており、さまざまな新製品が次々に販売されています。

アンケートの結果、一般家庭で柔軟剤を使用する割合は60%以上です。

 

それほど柔軟剤の人気の理由はなんでしょうか?

「衣類が柔らかくなる」ということはもちろんですが、

もう一つに「香り」があげられます。

 

柔軟剤を使った洗濯物は、干した後にも香りがします。

この香りも「フレッシュグリーン」「バラの香り」「ジャスミン」

「アロマ」など多種あり、自分の好きな香りを選ぶことが可能です

 

また、悪臭を防止するという作用もあります。

近年は洗濯物を部屋で干したり、日陰で干す家庭が増えてきていますよね。

部屋干しでは、生乾きのときに雑菌臭がすることがありますが、

柔軟剤を使用することによって、このニオイをごまかすことが出来るのです。

関連記事静電気を除去する方法セーター編。洗濯の仕方やブレスレットで効果ある?

関連記事UVカットパーカーの効果は洗濯しても落ちない?

 

洗濯に柔軟剤の効果は?

柔軟剤の効果としては、柔らかくなる、香りがする、というものの他に、

「静電気防止」「汚れ防止」「防水」「毛玉防止」等の効果があります。

 

まずは柔軟剤の仕組みを簡単に説明します。

スポンサードリンク

洗濯機では衣類を洗剤で洗ったあとにすすぎますね。

すすぐときに一緒に混ぜるのが柔軟剤です

なので、洗い終わった後に柔軟剤を混ぜているわけです。

イメージとしては柔軟剤で衣類をコーティングしてる感じになります

 

このコーティングされることによって、

汚れを防止したり防水の効果があるんですね。

 

ただ、柔軟剤にはデメリットもあります。

コーティングされることにより、タオルの吸水力が落ちます

タオルの表面に柔軟剤の薄い膜ができるから、

水分を素直に吸収できなくなるんですね。

 

あとは「若干ベタベタする」と言う声も聞かれます。

特に肌が敏感な方は、痒くなってしまう場合もあるようです。

僕はいつも洗濯の際にダウニーという柔軟剤を使用していますが、

ベタつきが気になったことは一度もありませんので、個人差がありますね。

 

柔軟剤の価格はいくら?

柔軟剤もさまざまな種類があります。

僕が使っているダウニーと言う柔軟剤はアメリカで50年以上も

使われている人気商品。香りが好きで毎回使っています。

1.5リットルで698円です。

 

まとめ

柔軟剤がどうしても必要なのか?というと、そうでもありません。

一度使ってみて「なんかしっくりこないな」と思ってやめる方もいますし、

香りが気に入って使い続ける人もいます。

それほど高い買い物でもありませんので、

興味が有る場合は一度使用してみるとよいでしょう。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ