雪かきはいつする?コツは?時間はどれくらいかかる?

‚™Wì

雪が降ってきたらいつ雪かきをすればいいのでしょうか?

雪かきのコツは?雪かきにかかる時間はどれくらいでしょうか?

わかりやすく説明していきますね。

スポンサードリンク

 

雪かきはいつする?

雪かきをするには実はタイミングが非常に大事です。

雪は最初はふわふわ降ってくるので「まぁ、綺麗~」なんて思うんですが、

この雪を放っておいたら大変なことになります。

何故かと言うと、雪が氷に変化してしまうからです。

 

雪には重さがあります。

なので、雪が積もれば積もるほど、どんどん重みが増していき、

地面付近にある雪はその重さで圧縮されていきます。

 

圧縮されていった雪は、次第に硬くなっていき、やがて氷に変わります。

この氷がやっかいで、一度冬に氷になってしまったら、春先まで

溶けることはありません。

気温が基本的に0度以下ですからね。

 

氷状態になってしまったら、上に積もった雪をいくら雪かきしても、

下が氷状態なので滑って非常に危険です。

この氷で転んで骨折してしまう人も多数います。

 

なので、雪かきを始めるタイミングは、雪が降り積もって重くなって、

地面付近の雪が氷になる前です。

 

つまり、雪が降ったらその日、その時に雪かきをするのがベストです。

雪かきに使うのはこのような雪かき用のスコップがいいですよ。

雪離れのいいエンボスタイプの除雪スコップ!ちょっと押すのに便利。※基本的に簡易包装で出荷...

スポンサードリンク

雪離れのいいエンボスタイプの除雪スコップ!ちょっと押すのに便利。※基本的に簡易包装で出荷…
価格:1,780円(税込、送料別)

 

雪かきのコツは?

雪かきのコツは、まずは先ほど書いたように、雪が大量に

降り積もる前にすることとが1つ。

 

もう一つは、自分の靴で雪を踏んでしまわないように

気をつけながら雪かきをすることです。

 

雪を踏んでしまうと、その部分が固くなってしまい、

雪かきは非常に難しくなってしまいます。

固い雪の部分にスコップを差し込むのは非常に力が入ります。

ですので、できるだけ新雪の上に歩いて行かず、すでに

雪かきをした部分を歩いて行って、雪かきをしてください。

 

そして、地肌が見えるくらいにしっかりと雪かきをする事が大事です。

そうすると、冬場でもその部分だけ夏場のように地面が見えていて

雪が積もらない場所を作り出すことが出来ます。

冬場に地面が凍るのは、怪我の恐れもあるし非常に危険です。

ですので、できるだけこまめに雪かきをすることが必要です。

 

雪かきにかかる時間はどれくらい?

私は札幌に住んでいるので、雪かきをします。

特に職場の玄関前と、駐車場の雪かきはなかなか大変です。

 

駐車場だと、1台分を除雪するのにかかる時間はだいたい30分くらい

を目処にするとよいでしょう。

玄関前だと、1時間ほどですね

 

この時は手先が冷えますので、必ず手袋、または軍手を使うこと。

手先がかじかむと、スコップを持つことも出来なくなってきます。

特に寒い時は2枚重ねも有効ですよ。

 

雪かきはかなりの運動量になるので、30分もやると相当汗をかきます。

ですので、雪かきをした後には着替えも忘れずにしてください。

汗をかいたままの服を着ていると風邪をひく原因になります。

 

まとめ

雪かきについての情報はいかがだったでしょうか?

できるだけこまめに丁寧に雪かきをすることが大切です。

重労働ですが、頑張ってこの冬を乗り切っていきましょうね。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ