敏感肌用の日焼け止め対策。SPFはいくつ?石鹸で落とせる?

parasol-486963_640

 

楽しいけれどめんどくさい時期がやって来ました。

 

外出する際には日焼け対策が必要な季節。

できるだけお肌にやさしい物を使用したいところ。

 

紫外線吸収剤とは?SPF値はいくつあればいい?石鹸でおとせるもの?

を説明していきます。

 

敏感肌用の日焼け止め対策

日焼け止めは”紫外線吸収材”が入っているものがほとんどです。

 

この紫外線吸収剤は紫外線を肌の表面でキャッチして、

肌の奥まで浸透させない働きがあります。

 

日焼け止めとしての能力は高いのですが、その分皮膚への負担が大きくなります。

 

肌に負担をかけないものとしては”ノンケミカル”タイプが有ります。

ノンケミカルタイプは紫外線吸収剤を使用していないので、

それほど肌に負担がかかりません。

 

また、

赤ちゃん用の敏感肌用の日焼け止めを使う、という方法もあります。

 

敏感肌の日焼け止めのSPFはいくつくらい?

SPFは数値が高い程、紫外線をカットしてれますが、肌への負担も大きい。

普段、外出する程度ならSPFは20もあれば十分です。

 

長時間外出する場合でもSPF30あればいいでしょう。

肌に負担の少ない日焼け止めの使い方として

SPFの高い日焼け止めを一度だけ塗って一日を過ごすより、

スポンサードリンク

SPFの低い日焼け止めを塗って、ある程度時間がたったら、再び塗る

という方法が良いですね。

 

いくら汗や水に強いと言っても、時間が経つに連れて

日焼け止めの効果は落ちていきますから。

 

それならば、SPFの低い日焼け止めを数時間おきに何度か塗る方が

日焼け止め効果も維持でき、肌への負担も少ないので

敏感肌の方に向いています。

 

敏感肌用の日焼け止めは石鹸で落とせるもの

もう一つ、日焼け止めを選ぶ際には、

落とす時に石鹸で洗い落とせるものにしてください。

 

強力な日焼け止めを使ってしまうと、クレンジングを使わないと

落としきることが出来ません。

 

しかも、一度の洗顔で落ち切らないこともあるので、

2度3度の洗顔が必要になる。

 

そんなに洗うと、今度はお肌が荒れてきちゃう。

 

気をつけて欲しいのは 「ウォータープルーフ」と表記されているもの。

これは”クレンジングを使わないと落ちないよ”って意味ですので、避けましょう。

 

まとめ

敏感肌用の日焼け止めとしてまとめてみると、

 

  • 紫外線吸収剤を使用していない(ノンケミカル)
  • SPF値が低いもの(20~30)
  • 石鹸で落とせるもの(ウォータープルーフは避ける)

 

日焼け止めには多くの種類がありますが、どれが一番自分に合うのか?

は自分で試していくしかありません。

 

「これがいいですよ」と言われても、本当に自分に合うかどうかは

実際に使用してみるまではわからないのです。

 

敏感な方は使用する前にパッチテストをおすすめします。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ