健康診断の食事は何時間前までOK?食べてしまったら?再検査?

078215

健康診断の直前は「食事をしちゃいけない」ってよく聞くけど、

実際はどうなの?何時間前から食べちゃいけない?

もし間違えて食べてしまったらどうする?再検査になるのか?

健康診断と食事の関係についてわかりやすく説明していきます。

スポンサードリンク

 

健康診断の食事は何時間前まで?

健康診断を受けるときは、検査内容により

事前に言い渡される指示内容が変わってきます。

 

胃カメラやバリウム検査があるときは、

「前日の夜9時以降は食事をしないように」と言われます。

そうなると健康診断が翌日の午前中だったらいいのですが、

午後3時以降の場合、絶食・断食時間が18時間も続くことになります

 

ちょっとキツイ・・・なんとかならないだろうか?

ちょびっとなら食べてもいいんじゃない?

そう思うのはあなただけではありません。私もそう考えます。

 

では、実際に食べたものというのは消化されるのに

どれくらいの時間がかかるのか見ていきましょう。

  • お米やパンなどの炭水化物で2~3時間
  • 肉や魚などのタンパク質で4~5時間
  • 粘土の高い脂肪(脂の多い肉やバター)で7~8時間

と言われています。

消化が早いものは炭水化物ですね。

 

また、消化に悪く胃から送り出すのに特に時間がかかるのは以下の食品類です。

  • ナッツ類(油分と食物繊維が多い)
  • 昆布類(塩昆布、とろろ昆布など)
  • 酒かす
  • セロリ
  • ゴボウ(不溶性食物繊維が多い)
  • タケノコ(不溶性食物繊維が多い)
  • キノコ類
  • 玄米

これらの食品は消化に時間がかかる上、

たまに消化しきれず胃に残ってしまうことがあります。

胃に食べ物が残ってしまうと健康診断の障害となりますので、

健康診断前日はできるだけ控えるようにしましょう。

 

目安としては12時間空腹状態が続けば胃の中のものは

消化されてなくなると言われています。

 

ですので、健康診断を受けに行く時間から逆算して12時間前に

食事を終わらせておけば大丈夫でしょう(断言はできませんが・・)

関連記事健康診断の前日の食事は何時までOK?当日の水や喫煙もダメなの?

関連記事健康診断で飲酒を前日にしたら?何日前から飲酒量を減らす?

スポンサードリンク

健康診断前に食事を食べてしまったら?

健康診断の直前に間違ってものを食べてしまった場合、

どういうことがおきるのでしょうか?

消化されていない食べ物は胃カメラ検診の時に邪魔になります。

 

胃カメラでは空っぽの状態の胃を検診するのが目的なので、

食べ物が入っていると、もし何か胃に異常があった場合に

見落としてしまう危険性があります。

 

更に、食後はコレステロール値や血糖値が高くなります。

この数値は簡単に変化してしまうので、要注意です。

 

もし間違って食べてしまった場合は、

検査結果に影響がある可能性があるので、

お医者さんに正直に申告してください。

こういうケースはよくあることなので、うまく対応してくれるはずです。

もしダメだったら日を改めて、受診するようにしてください。

 

健康診断の再検査は?

健康診断の結果が届いて「要再検査」と書いてあった場合、

再検査に必ず行かなければいけないのでしょうか?

 

実際には「再検査」の通知が来ても行かない人が結構います。

私などは小心者なので「何か異常があったらどうしよう?」と

不安になってすぐに再検査に行きますが・・

 

ただ、検査の結果表を見て、原因が自分でハッキリとわかっていて、

今すぐに改善する気持ちがない場合は、再検査の必要は無いかもしれません。

 

あくまでも健康診断は、現在の健康状況を調べるためのものであって、

治療を行うものではありません。予防医学と言われていますね。

再検査に行かずに、かかりつけのお医者さんのところに行って詳しく

診てもらう人もいます。

 

会社が指定している病院での健康診断の場合は、人事の方で検査結果を

把握していることも多く、人事から直接「再検査に行ってください」

と言われることもあります。

そういう場合は素直に従って下さいね。

健康診断で再検査の費用は会社が出す?保険適用になる?いくら?

 

まとめ

健康診断前の食事は最低でも12時間前から控えるようにしてください。

万が一、食べてしまった場合は素直に申し出ること。

再検査は行ってもいいですし、行かなくても特に問題はありません。

※健康診断に関する記事はこちらにまとめてあります。

まとめ 健康診断に関する記事一覧まとめ

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ