寒中見舞いはいつ出す?いつまで大丈夫?文例集も大公開!

113116

寒中見舞いを出すことになったけど、いつ出せばいいの?

いつまでなら大丈夫?わかりやすい文例集も大公開です!

スポンサードリンク

 

寒中見舞いはいつ出す?

寒中見舞いを出す目的は、暑中見舞いと同様に

冬の寒い時期に相手を気遣うということにあります

どなたかが亡くなったことを伝えるために出すものではありません。

 

いつ出すのかといえば「松の内」を過ぎた時期が良いとされています。

「松の内」ってなに?というあなたに松の内について説明しますと、

松の内
お正月の”門松”を飾っておく期間のこと。
元日から1月7日までのことをいいます。
地方によって期間は異なり、関東では1月7日まで、
関西では1月15日までを指すことが多いです。

 

つまり、一般的に寒中見舞いは1月7日以降に出すのがマナーとなります。

それに、1月7日までは年賀状が配達されています。

年賀状と寒中見舞いが被ってしまうのは、よろしくないですからね。

 

「松の内」以降であれば寒中見舞いをいつだしても良いのですが、

その中でも”一番よい時期”というのがあります。

それは暦の「大寒」の前後一週間です。

 

「大寒」とは一年で最も寒い時期のことを言い、

カレンダーで言えば「1月20日」になります。

大寒前後に届くように出すのが寒中見舞いのベストな時期と言えます。

 

また、気を付けなければならないのは寒中見舞いを出すときに

年賀状の残り物を使わないこと。

これは相手に対して大変失礼で無作法なことになります。

ちゃんと寒中見舞い用のはがきを買って、書くようにしましょう。

寒中見舞いは1月20日前後に届くのがベスト

関連記事喪中はがきは誰に出すの?いつまで?忘れた場合は?文例を紹介!

 

寒中見舞いはいつまで大丈夫?

寒中見舞いはいつまで出して大丈夫なのでしょうか?

名前の通り「寒い時期に出すお見舞いのはがき」なので、

暖かくなり始めてからではもう遅いのです。

 

暦では立春である2月4日を過ぎると、寒さは

弱まり暖かくなり始めると言われています。

 

ということは立春の前日までに届けることが大事なポイントになってきます。

とは言っても、実際に寒中見舞いを手にするのが2月1日とかだと、

「ちょっと、遅いんじゃないかな・・」

と思う人もいますので、1月中に到着するようにしてください

スポンサードリンク

 

寒中見舞いを出し忘れてしまったら?

ちなみに、寒中見舞いを出し忘れてしまって、立春である

2月4日を過ぎた場合は「余寒見舞い」という方法があります。

日本では暦で季節が細かく分かれているので、その季節にあった

葉書の書き方があるんですね。

 

ただ、この季節の分類はあくまでもひとつの目安ですので、

厳密に考えなくても大丈夫です。

その時々の状況に応じて、寒中見舞いの持つ本来の目的を忘れずに

相手を気遣って書いてあげるとよいでしょう。

 

寒中見舞いの文例集

寒中見舞いはまず、はがきの右側に

「寒中見舞い申し上げます」と書きます。

この時「見舞い」の部分を丁寧に「お見舞い」としても構いませんし、

「見舞い」のままでも問題ありません。

それでは例文を紹介していきますね。

 

寒中御見舞い申し上げます
平素はご高配をたまわり 誠に有難う存じます
本年も相変わりませず ご厚誼のほどお願いいたします
厳しい寒さの中 何卒御身おいとい下さいませ
寒中御見舞申し上げます
初春とは名ばかり 寒さが身にこたえます
早々の賀状 誠に有難う存じました
喪中のため年初のご挨拶を失礼し申し訳ございません
私もつつがなく暮らしておりますので ご安心くださいませ
本年も◯◯様にとりまして
幸多き年となりますようお祈り申し上げます
寒中お見舞い申し上げます
ご丁寧なお年始状をいただき、有難く存じます
亡き◯◯(自分との続柄)の喪中につき
年頭の挨拶を控えさせていただきました
旧年中にお知らせ申し上げるべきところ
年を越してしまいました非礼を深謝いたします
寒い日が続きますが
風邪など召されませぬようお気を付けください

寒中御見舞申し上げます
昨年◯月に父◯◯が亡くなりましたので
年末年始のごあいさつを遠慮しました
故人の強い希望で、ご連絡を年始にさせて
いただきましたことを お許しください。

寒中お見舞い申し上げます
寒い毎日が続いております。
新年のご挨拶が遅くなり申し訳ございません
喪中のため年始のご挨拶を差し控えさせていただきました
今年もなにとぞよろしくご厚誼のほどお願い申し上げます
本格的な寒さを迎える折、 御身お大切に、
元気でお過ごしくださいますようお祈りいたします
平成二十八年 寒

寒中見舞いで自分が結婚したことを伝える場合

寒中お見舞い申し上げます
寒さが一段と増してきておりますが
皆様にはおかわりございませんでしょうか
私事ですが、昨年1月に結婚いたしました
今後ともよろしくお願い申し上げます
寒さ厳しい折柄、お身体にご自愛下さい

相手にご不幸があった場合の寒中見舞いの文例

寒中御見舞い申し上げます
父◯◯が昨年◯月に永眠いたしましたので
年始のご挨拶を失礼いたしました
◯◯様(相手との続柄)が旅立たれたとのこと
謹んでご冥福をお祈り申し上げます

まとめ

寒中見舞いについていかがだったでしょうか?

出す時期、文例などお役に立てれば嬉しいです。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ