喪中はがきは誰に出す?時期と文例を紹介。忘れた場合の対処法もチェック

Print

大切な方が亡くなった年には、喪中はがきを出します。

誰に出せばいいのでしょうか?また、いつまで出すのかルールはあるの?

もし喪中はがきを出すのを忘れてしまった場合は?

喪中はがきに書く文例も交えて説明していきます。

スポンサードリンク

喪中はがきは誰に出すの?

喪中はがきをどうして出すのか?ということから説明します。

本来ならば、新年を迎えるに当たり「あけましておめでとう。」

と年賀状で祝うわけですが、喪中はがきには、

それを失礼するという意味合いがあります。

 

ですので、喪中はがきを出す相手は

「毎年年賀状のやりとりをしている相手」

ということになります。

また、昨年まではあまり付き合いがなかったけど、今年になってから

付き合いが出て来て、多分今年は年賀状を送ってくるだろうな、

予想できる相手にも喪中はがきを出します。

 

そうしないと、相手が年賀状を出してきた時に喪中の家に

年賀状を出してしまった、ということになってしまい、

気づいた相手に不快な思いをさせてしまいますね。

 

また、仲の良い友人で、自分が喪中ということを

知っている人にも喪中はがきは必ず出します。

 

なぜなら、年賀状を出す人はパソコンのデータで管理している場合が多く、

年賀状を出す場合は全員の住所録から、喪中はがきが来ている人の

データを除外して出すからです。

 

ですので、実際に喪中はがきが手元にないと、出してから

「あ、あそこの家は今年喪中だったんだ・・・」

ということも考えられますね。

関連記事お通夜の服装でシャツは何色?靴は?靴下は?わかりやすく解説!

 

喪中はがきはいつまでに出す?

喪中はがきは相手が年賀状を出す前に、相手に届いていないといけません

では年賀状の受付開始時期を見てみましょう。

 

年賀状は12月15日から受付開始となります。

つまり、一般的な家庭ではこの時期ころから年賀状の作成を始め、

ポストに投函し始めるのです。

 

ということは、それ以前、つまりは

12月15日以前に喪中はがきを送る必要があります。

スポンサードリンク

 

かといって、逆に早すぎる喪中はがきを良く思わない人たちもいます。

例えば11月の上旬に届いてしまった場合、実際に年賀状の準備を

始める12月までに1ヶ月近く間が空きます。

 

その間に忘れてしまうことがあるからです。

ですので、できれば年賀状を作り始める時期の

ちょっと前が相手思いで理想的と言えます。

 

結論としては、

喪中はがきを出す時期は12月上旬から12月14日まで

ということになります。

喪中はがきの文例は?

喪中はがきの文例は、まずいちばん右側に大きく

「喪中につき年末年始の

ご挨拶ご遠慮申し上げます」

と書きます。

 

次に内容を書いていきます。

その文例を幾つかご紹介しますね。

 

◯◯(名前)が◯月◯日に永眠いたしました。故人の遺志により葬儀は家族のみでとり行いました。生前に賜りましたご厚情を感謝いたしますとともに、皆様には良い年が訪れますようお祈りいたします。
本年◯月に父◯◯が永眠いたしました。本年中に賜りましたご厚情に感謝いたしますとともに来年も変わらぬご厚誼のほどお願い申し上げます。
◯月に母◯◯が◯◯歳にて永眠いたしました本年中に賜りましたご厚情に感謝いたしますと共に明年も変わらぬご厚誼のほど よろしくお願い申し上げます。
年内も余日少なくなりました。なにかとご多忙のことと存じます。 今年◯月に妻◯◯の父が永眠いたしました。 喪に服しておりますので新年のご挨拶はご遠慮させていただきます。 時節柄一層のご自愛のほどお祈り申し上げます。
◯月◯日に 父 ◯◯が◯◯歳にて永眠いたしました。ここに本年中賜りましたご厚情を深謝いたしますと共に明年も変わらぬご厚誼のほどを心よりお願い申し上げます。

喪中はがきを忘れた場合は?

喪中はがきを出さなくてはならないのですが、ついバタバタしていて

忘れてしまうことも少なくありません。

気づいた時には年賀状の受付開始時期を過ぎていて・・・

という場合には「寒中見舞い」を出します。

 

いただいた年賀状のお返事として寒中見舞いを出すのです。

出す時期は1月8日以降と決まっています。

 

まとめ

喪中はがきについてもう一度おさらいしてみますと、

  • 出すのは年賀状を出している方達
  • 出す時期は12月上旬から14日まで
  • 忘れてしまったら寒中見舞い

となります。

うっかり忘れてしまわないように、早いうちから

準備をしておくことをおすすめします。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ