梅酒の作り方と梅を取り出す時期、その食べ方を紹介します

4d61f004902944ea89afe892bd0de4f6_s

 

梅酒を自分で作ってみたい!

梅酒は自宅でも簡単に作れるお酒です。

 

ですが、梅酒は出来るまで時間がかかります。

つけてから飲めるようになるまで一年は必要なので

気長にのんびりと待ちましょう。

スポンサードリンク

梅酒の作り方

まずは用意するもの

 

  • 青梅 1キロ
  • 氷砂糖 800グラム
  • 焼酎(ホワイトリカー) 2リットル

 

青梅はなるべく「青く」て「硬く」て「大きい」ものがおすすめです。

丁寧に水で洗い、水につけて3時間アク抜きをします。

 

その後、梅の”ヘタ”の部分を取って下さい。

ヘタを取るにはアイスピックのような先が尖ったものが便利です。

梅酒が上手に作れるようにヘタを取りましょうね(笑)

 

次は殺菌した瓶を用意します。

ビンは一度洗剤を使ってきれいに洗って乾かしたあとに、

アルコールで軽くまんべんなくすすいで乾かして下さい。

消毒を十分にしないと、カビが生えてしまう可能性があるからです。

スポンサードリンク

 

準備ができたら、

瓶に梅と氷砂糖を交互に入れていき、焼酎を注ぎます。

これで出来上がり。あとは1年間待ちましょう。

 

梅を取り出す時期

梅酒はつけようと思えば3年でもつけることが可能です。

いいお酒を使えば10年は可能になります。

 

長い間つけるほど口当たりが良くなり、まろやかになると言われています。

 

でも、つけてある梅は10年は持ちません。

長年つけすぎていると梅のエキスが出きって、今度は渋みや

苦味が出てきて梅酒が濁ってしまうんです。

 

ですので、一年間漬けたら梅は取り出して下さい。

梅を取り出しても梅のエキスはもう取り出されているので、

放っておけば熟成されていきます。

 

梅酒から取り出した梅の食べ方

梅酒から取り出した梅は食べることが出来ます。

 

そのままでも美味しく食べることが出来ますが、

アルコールが染みていますので食べ過ぎると酔っ払ってしまう

こともありますのでご注意下さい。

 

その他の調理方法です。

 

梅のジャムを作る

種をとって、砂糖を加えてジャムにします。

ヨーグルトに混ぜるとおいしいですよ。

 

梅ドレッシングを作る

梅の種を取り除き、つぶして、オリーブ油・梅酒・塩・コショウ・

ワインビネガーを混ぜて出来上がりです。

 

煮物料理に混ぜる

鶏肉や豚肉を煮込む時に一緒に入れてしまいます。

梅をたくさん入れるのがポイントです。

おいしい酸味がとても合います。

スポンサードリンク

お役に立ちましたか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

こちらのボタンから記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ